アクティブエアロ初起動...ポルシェ『エレクトリック718ボクスター』、初の全輪駆動で2023年デビューへ! | Spyder7(スパイダーセブン)

アクティブエアロ初起動...ポルシェ『エレクトリック718ボクスター』、初の全輪駆動で2023年デビューへ!

自動車 新車スクープ
ポルシェ ボクスター EV 市販型プロトタイプ スクープ写真
ポルシェ ボクスター EV 市販型プロトタイプ スクープ写真 全 18 枚 拡大写真

ポルシェは現在、ミッドシップ2ドアスポーツカー『718ボクスター』次期型となる、エレクトリックモデルを開発しているが、その最新プロトタイプをカメラが捉えた。

スペインで捉えたプロトタイプは、かなり厳重にカモフラージュがほどこされているが、新しい電動パワートレインを採用してもミッドシップのプロポーションを維持していることわかる。

フロントエンドでは、EVセダン『タイカン』に似たヘッドライトを装備。以前捉えた開発車両では、コーナーエアインテークに閉じたスラットが写っていたが、今回はフェイクインテークベントの奥に、アクティブエアロダイナミクスフラップが起動している様子がうかがえる。

側面では電動パワートレインでは不要な718の典型的なサイドインテークにカバーがされ、後部では、開発途中とわかるLEDテールライトが見てとれるほか、ダミーのエアインテークがバンパー中央に配置されている。

市販型では、『タイカン』、『マカンEV』に続くポルシェ3番目のEVモデルになるとともに、同ブランド初の2シーターEVになる。またアウディと共同で開発されている「プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック」(PPE)アーキテクチャを採用する可能性が高く、ボクスター/ケイマンシリーズとして初めて、デュアルモーターによる全輪駆動がホットモデルに用意される予定となっている。

キャビン内の様子はわずかに見えるが、少なくとも2つのディスプレイを装備することが予想される。

市販型のパワートレインは不明だが、ミッションRコンセプトではフロントとリアのモーターが連携して1073馬力(800kW)以上を発揮するとしており、同レベルのスペックも期待していいだろう。

エレクトリック718ケイマンとボクスターの生産は、2024年後半に予定されていることから、2つのEVは2024年モデルとして、2023年内にワールドプレミアが期待できるだろう。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集