メルセデスEクラス次期型、高性能AMGがPHEVでさらなる進化!直4で680馬力か | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスEクラス次期型、高性能AMGがPHEVでさらなる進化!直4で680馬力か

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG E53e 市販型プロトタイプ スクープ写真
メルセデス AMG E53e 市販型プロトタイプ スクープ写真 全 16 枚 拡大写真

メルセデスベンツが現在開発中の主力『Eクラス』に設定される、パフォーマンスモデルAMG「E53e」(仮称)市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

現行型Eクラスは2016年に発売、AMGバリエーションでは「E43」、「E53」、「E63」、及び「E63S」が設定されているが、このフルモデルチェンジを機にPHEVが導入され、さらなる強化を図る計画を持っているようだ。

新開発される2024「Eクラス」の直後に登場予定のパフォーマンスPHEVは、かなりカモフラージュが厳重だ。しかし、最新のSクラスににたスタイリング、スタイリッシュなLEDデイタイムランニングライトを備えるスイープバックヘッドライト、偽装されたパナメリカーナグリルを装備していることがわかる。

フロントバンパーもディテールが隠されているが、コーナーの空気穴は大型エアインテークを示唆している。側面では、フラッシュマウント・ドアハンドルを装備、スポーティなサイドスカートを装備、左リアフェンダーに充電ポートを配置している。足回りではフロントに赤いブレーキキャリパーを備える強化ブレーキを装着、フロントには5対のスポーク、リアにはリムでYに分割された10本のスポークが見てとれる。また後部では、クワッドエキゾーストパイプをインストールが確認できる。

キャビン内では、12.3インチのデジタルインストルメントクラスターと縦向きのインフォテイメントシステムなどCクラスやSクラスの足跡をたどることが期待されている。後者のディスプレイの大きさは不明だが、11.9インチ~12.8インチの間になりそうだ。

パワートレインは、2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンと電気モーターが予想されている。このセットアップは「C63 E-Performance」で最高出力680ps、最大トルク750Nmを発揮するが、E53eでのパワーがどうなるのか、また上位モデルとなる「E63e」ではV8を搭載するのかも注目される。

E53eのデビューは2023年内、E63eは少し遅れての登場となるだろう。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集