BMW「M」2ドアクーペの頂点...『M4 CSL』、5月20日デビュー決定! | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW「M」2ドアクーペの頂点...『M4 CSL』、5月20日デビュー決定!

自動車 新車スクープ
BMW M4 CSL 市販型 ティザーイメージ
BMW M4 CSL 市販型 ティザーイメージ 全 11 枚 拡大写真

BMWは現在、ハードコア2ドアクーペ『M4』をベースとした最強モデル『M4 CSL』を開発しているが、そのティザーイメージが公式リリースされた。

「Coupe Sport Lightweigh」を略した「CSL」は、BMW Mの2ドアクーペの頂点に位置するモデルとして受け継がれている。

公開されたティザーイメージのフロントエンドには、新デザインのLEDデイタイムランニングライト、ベースモデルから追加された開口部、スプリッターなどアグレッシブなデザインがうっすらと確認できる。後部では、トラクリッドから突き出た大型スポイラーやLEDテールライトのグラフィックが確認できる。暗くて確認できないが、バンパー下部にはクワッドエキゾーストパイプが配置されているはずだ。

市販型の内部は不明だが、これまでのスパイショットからは、より多くのカーボンファイバーで強化された軽量バケットシートを見ることができたほか、後部座席が排除された完全な2シーターであることも予想されている。

パワートレインは、3.0リットル直列6気筒エンジンを搭載。「M4コンペティション」では最高出力503ps、最大トルク650Nmを発揮するが、M4 CSLでは550psと予想され、オートマチックトランスミッションが組み合わされる。しかしもっとも重要なのが、M4 CSLがベースモデルM4より大幅に軽量化されることだ。後輪駆動によるボディワークの軽量化と後部座席の削除により、220ポンド(100kg)以上の軽量化が実現すると思われ、この軽量化とハイスペックにより、並外れたパフォーマンスが期待できるだろう。

M4 CSLは1,000台の限定販売になると予想され、CSLの後には、それほど多くの軽量コンポーネントを持たない『M4 CS』も計画されている。

正式デビューは、5月20日、イタリア・コモ湖畔で毎年開催される「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステ」で予定されている。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集