ボディを35mmリフトアップしワイド化...アウディA3初のハイライディングモデル、豪雪に出現! | Spyder7(スパイダーセブン)

ボディを35mmリフトアップしワイド化...アウディA3初のハイライディングモデル、豪雪に出現!

自動車 新車スクープ
アウディ A3 初のハイライディングモデル (スクープ写真)
アウディ A3 初のハイライディングモデル (スクープ写真) 全 14 枚 拡大写真

アウディは現在、『A3』に設定するハイライディングモデルを開発しているが、その最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

A3は1996年に登場して以来、「セダン」や高性能「S」、「RS」などを設定してきたが、ハイライディングモデルは初となる。VWが開発したMQBプラットフォームを採用し、A3とコンパクトSUV『Q3』の間に位置するモデルとなりそうだ。

厳冬のスカンジナビアでキャッチした車両は、標準モデルではオプション扱いのルーフレールを装着。ボディ下部をカモフラージュしているが、車高がリフトアップされ、フェンダーがわずかに広くなっている様子がうかがえるほか、より頑丈なサイドスカートを持っているようにも見える。おそらく市販型では、オフロードテイストあふれる特別なバンパーと、プラスチック製フェンダーフレアを装備する可能性がありそうだ。

同社では2019年、コンパクトモデル『A1』にクロスオーバー仕様の「Citycarver(シティカーバー)」を設定している。高めたサスペンションとより頑丈なエクステリアを持つハイライディングモデルで、車高は35mmリフトアップ、大型タイヤ、いくつかのクラッディングが与えられた。同様の仕様がA3にも期待できるだろう。

アウディのクロスオーバーといえば『A4』や『A6』に設定されている「オールロードクワトロ」が思い浮かぶ。ただこれらはその名の通りクワトロ=AWDが基本だ。A3のハイライディングモデルでもFWDが基本となると思われるが、AWDとして登場するなら「A3オールロードクワトロ」、FWDならA1シティカーバーに倣って「A3シティカーバー」となるだろう。

A3ハイライディングモデルのワールドプレミアは、2022年後半と予想される。

「オールロード」か「シティカーバー」か? アウディ A3 初のハイライディングモデルを激写

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集