クワッドヘッドライト装着!BMW X7 M50iをさらに強化...アルピナ『XB7』改良新型を鮮明に撮影成功 | Spyder7(スパイダーセブン)

クワッドヘッドライト装着!BMW X7 M50iをさらに強化...アルピナ『XB7』改良新型を鮮明に撮影成功

自動車 新車スクープ
アルピナ XB7 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
アルピナ XB7 改良新型プロトタイプ(スクープ写真) 全 14 枚 拡大写真

BMWオフィシャルチューナーである「アルピナ」が開発しているフラッグシップ・クロスオーバーSUV『XB7』改良新型。その最新プロトタイプを、はじめて鮮明にカメラが捉えた。アルピナは、約1年半前にXB7を発表したばかりだが、BMWがX7改良新型の準備を進めているため、それに追随することになる。

キャッチしたプロトタイプは、BMW『7シリーズ』や『X7』改良新型で、すでに物議を醸し出しているスプリットヘッドライト(クワッドヘッドライト)レイアウトが初めて露出している。LEDデイタイムランニングライトとターンシグナルランプを上部に、メインヘッドライトとハイビームを下部に配置し、上部LEDはボンネットフードに接する場所にインストールされる。

グリルは極端に拡大されないものの、存在感を示すには十分なサイズへと成長が予想される。リアエンドでは、X7同様に新設計の湾曲したスリムなLEDテールライトが初めて点灯、デザインの一部が鮮明に確認できるほか、クワッドエキゾーストパイプを装備。足まわりには専用デザインのアロイホイールが装着されており、アルピナと認識できる。

キャビン内では、『iX』と『i4』のレイアウトに似た大型で湾曲したインフォテイメント、及びインストルメントクラスタディスプレイが採用されると思われる。

XB7はBMW「X7 M50i」をベースとし、パワートレインに4.4リットルV型8気筒エンジンを搭載。最高出力は612ps、最大トルク800Nmを発揮する。Mパフォーマンスモデルより89ps、及び50Nm高く、最高速度は290km/h(電子制御)、0-100km/h加速は4秒と巨大SUVとしては世界屈指のパフォーマンスを誇る。

XB7改良新型のワールドプレミアは、2022年にX7が登場した後になる。

二段式ヘッドライトを確認、アルピナ『XB7』改良新型を鮮明に撮影

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集