アウディRS3新型、初のワゴンは設定されるのか...エクステリアを大予想! | Spyder7(スパイダーセブン)

アウディRS3新型、初のワゴンは設定されるのか...エクステリアを大予想!

自動車 新車スクープ
アウディ RS3 アバント 予想CG
アウディ RS3 アバント 予想CG 全 14 枚 拡大写真

アウディは、コンパクトモデル「A3」に設定されるハードコア「RS3スポーツバック」、及び「RS3 セダン」新型を発表したばかりだが、派生ワゴンとなる「RS3アバント」登場にも期待がかかっている。

VWグループでは、シュコダ「Octavia RS Combi」、クプラ「Leon Sportstourer」、そしてVW「ゴルフRヴァリアント」などパフォーマンス・コンパクトワゴンのニッチマーケットをほぼ埋めているが、主力ブランドであるアウディからの登場を望む声も多い。

現在ブランドラインアップでは、兄貴分「A4」をベースとした「RS4アバント」が存在しているが、そもそも前世は下位セグメントの「RS2」だ。RS2はポルシェとコラボし、1994年に発売された高性能ワゴンで、ボディサイズは全長4,510mm、全幅1,695mm、全高1,386mm、ホイールベース2,597mmと最新のA3セダンに近いサイズだ。

おなじみX-Tomi Designが協力してくれた予想CGは、RS3スポーツバック/セダンと同じブラック加工されたハニカムメッシュグリル、大口のコーナーエアインテーク、リップスポイラーを装着、長いルーフにはレールが装備されている。また「RSトルクスプリッター」モードを搭載、ドリフト走行も可能になるだろう。

パワートレインは、「RS3 スポーツバック/セダン」の2.5リットル直列5気筒ガソリンターボ「TFSI」エンジンを維持、最高出力は400psを発揮してくれるはずだ。

もしRS3アバントが登場すれば、RS4アバントの価格を下回りつつ、パフォーマンス、実用性、豪華さの優れたモデルとなることは間違いない。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集