クリスマス仕様!? マセラティ新型SUV『グレカーレ』プロトタイプ、LED初点灯&グリル全開! | Spyder7(スパイダーセブン)

クリスマス仕様!? マセラティ新型SUV『グレカーレ』プロトタイプ、LED初点灯&グリル全開!

自動車 新車スクープ
クリスマス仕様!? マセラティ新型SUV『グレカーレ』プロトタイプ、LED初点灯&グリル全開!
クリスマス仕様!? マセラティ新型SUV『グレカーレ』プロトタイプ、LED初点灯&グリル全開! 全 14 枚 拡大写真

マセラティが開発中の新型クロスオーバーSUV、『グレカーレ』市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

グレカーレは、兄貴分「レヴァンテ」の下に位置するブランド第2のSUVとなる。厳冬のスカンジナビアでキャッチした開発車両は、これまでにない鮮やかな赤い迷彩でボディをラッピング、まるでクリスマス仕様のようだ。フロントエンドでは、トライデントバッジがうっすらと見えるマセラティグリルが両サイドいっぱいまで初めて露出、ヘッドライト内部には上下LEDデイタイムランニングライトがはじめて鮮明に点灯している。バンパー下部には長方形のコーナーエアインテークも見てとれるが、カモフラージュされており、最終デザインではない。

側面では赤い大径ホイール、クロスドリルを備えるブレーキディスク、赤いブレーキキャリパーを確認、リアエンドではアグレッシブなディフューザーや、ベースモデルの円形と差別化された、四角いクワッドエキゾーストパイプがインストールされていることから、このプロトタイプが高性能「トロフェオ」バージョンであることが予想される。

トロフェオ市販型のパワートレインには現在2つの候補があると言われ、1つはアルファロメオ「ステルヴィオ クアドリフォリオ」に搭載されている2.9リットルV型6気筒ツインターボチャージャーエンジンで、最高出力510ps、最大トルク600Nmが予想される。もう一つは、スーパーカー『MC20』の3.0リットルV型6気筒ツインターボエンジンの流用で、この場合は最高出力600psオーバーも噂され、トランスミッションは8速オートマチックが標準装備されるだろう。

市販型では、アルファロメオのSUV「ステルヴィオ」と共有する「ジョルジオ」プラットフォームを採用するが、よりワイドなトラック、3チャンバーセットアップの調整可能なエアサスペンション、及び油圧サスペンションブッシュを備える。

グレカーレ市販型のワールドプレミアは、2021年11月に予定されていたが、半導体不足の影響から2022年初へ延期されている。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集