復活のアストンマーティン ヴァンテージV12気筒モデル、フロントマスク先行公開! | Spyder7(スパイダーセブン)

復活のアストンマーティン ヴァンテージV12気筒モデル、フロントマスク先行公開!

自動車 新車スクープ
アストンマーティン ヴァンテージ V12 RS ティザーイメージ
アストンマーティン ヴァンテージ V12 RS ティザーイメージ 全 11 枚 拡大写真

アストンマーティンは現在、主力2ドアクーペ『ヴァンテージ』のハイパフォーマンスモデル、「ヴァンテージV12 RS」を開発しているが、そのティザーイメージをリリースした。

初代ヴァンテージは1977年に登場、1989年には生産終了となったが、1993年に復活。1999年に再び途絶えたが2005年に3代目が誕生している。2009年には初のV型12気筒エンジンを搭載モデル「V12ヴァンテージRS」が発売されたが、基本的にはメルセデスAMG製V型8気筒を搭載、ヴァンテージにとってV12は特別な存在となっている。

公開されたティザーイメージでは、新型モデルが先代V12を従えて先頭に置かれている。暗闇に浮かんだプロトタイプは、水平スラットを備えた新設計のグリルを装備、その足目には垂直のコーナーエアインテークがうっすらと確認できるほか、その下部にはエアロダイナミクスパッケージの一部としてリップスポイラーが装着されている。

またティザーイメージでは見えないが、これまで撮られたプロトタイプから、ボンネットフード中央にはエアインテークが配置される可能性が高いだろう。

注目のパワートレインは、5.2リットルV型12気筒エンジンをV12スピードスターから流用し専用チューニングを実行、最高出力は690ps、最大トルク753Nmを発揮すると予想されるが、最新情報では最高出力が650ps程度に抑えられる可能性もあるという。スピードスターでは、わずか3.4秒で0-100km/hを駆け抜け、最高速度は319km/hを計測するが、おそらくV12ヴァンテージRSでも同レベルが期待できるだろう。

市販型ではフルカーボンボディを採用、大幅な軽量化を実現、限定299台の販売が予想されている。

V12 RSのワールドプレミアは2022年3月と思われる。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集