365馬力の高性能モデルも用意か...復活VW ID.BUZZ乗用車バージョン、最終デザイン見えた! | Spyder7(スパイダーセブン)

365馬力の高性能モデルも用意か...復活VW ID.BUZZ乗用車バージョン、最終デザイン見えた!

自動車 新車スクープ
VW ID. BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
VW ID. BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真) 全 16 枚 拡大写真

VWは現在、通称「ワーゲンバス」の再来と伝えられる『ID.BUZZ』を開発しているが、いよいよその最終デザインがヴェールを脱いだ。「Spyder7」がスクープした。

ID.BUZZはカーゴ(商用車)バージョンと乗用車バージョンを用意するEVバンで、そのルックスは、Tシリーズの前身である『タイプ2』(通称:ワーゲンバス)を彷彿とさせる。2017年にコンセプトカーが公開されてから4年の歳月を経て、いよいよ発売が迫る。

豪雪のフィンランドで目撃したプロトタイプは、両側に引き戸とサイドウィンドウが付いており乗用車バージョンとみていいだろう。薄いカモフラージュは施されているものの、最終デザインが露出。2017年のコンセプトモデルからいくつかの変更が加えられている。

正面からみると、LEDデイタイムランニングライトバーが特徴的なヘッドライトが目を引く。下部フロントグリルはオリジナルコンセプトより大幅に小さく、オールブラックに仕上げられているほか、バンパー両サイドには円形フォグランプが配置されている。

側面では、ヘッドライトのコーナーから、テールライトまで伸びる力強いキャラクターラインが特徴的だ。運転席側のフロントクォーターパネルにはコンパクトな充電ポートが確認できる。下部の黒いクラッディングは保護パーツとみられるが、おそらく市販型では削除されるはずだ。

後部では、アグレッシブなLEDテールライトを装備。白いステッカーでブランドロゴを隠しているほか、ボディの底には牽引用のバーが見てとれる。

キャビン内では、ハンドルの奥に湾曲したデジタルメーターパネルを装備。中央のダッシュボードには大型のフローティングスタイルのタッチスクリーンを配置するなど、IDファミリーとしてインテリアデザインの多くを共有していることがわかる。

ID.BUZZは、VWグループの「MEB」プラットフォームを採用。48kWh~111kWhのバッテリーを積むと見ている。ベースモデルは後輪駆動で最高出力201psを発揮、オプションで全輪駆動が用意されるだろう。注目は111kWhバッテリーを積むハイエンドモデルで、前後にデュアルモーターを搭載、システム合計365psを発揮し、航続は342マイル(550km)と噂されている。また太陽光を利用して航続距離を最大15km伸ばすソーラーパネルルーフが用意されるという。

令和のワーゲンバスとも言えるID.BUZZ市販型の発売は、欧州市場が2022年内、米国市場は2023年の発売が予想されている。日本への導入はあるか、注目だ。

復活のワーゲンバス、最終デザインが見えた!VW ID.BUZZ、発売は2022年内か

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集