市販型は新ネーム採用か...ポルシェ『マカンEV』開発車両、アクティブサス初起動! | Spyder7(スパイダーセブン)

市販型は新ネーム採用か...ポルシェ『マカンEV』開発車両、アクティブサス初起動!

自動車 新車スクープ
ポルシェ マカン次期型プロトタイプ(スクープ写真)
ポルシェ マカン次期型プロトタイプ(スクープ写真) 全 42 枚 拡大写真

ポルシェは、エントリー・クロスオーバーSUV『マカン』次世代型、及びフルエレクトリックモデル『マカンEV』(仮称)を開発しているが、その最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

同社初のフルEV「タイカン」とともに現れた2台のプロトタイプは、ボンネット両サイドのライトにステッカーが貼られている。これはLEDデイタイムランニングライトで、その下部のバンパー内に配置されているクラスターがメインヘッドライトの可能性がある。

リヤクォーターウィンドウ、およびDピラーを完全にカモフラージュしているが、テールゲートのラインから判断すると、かなり傾斜したルーフラインを持ち、よりスポーティなボディシルエットが予想される。

また後部では、より多くのダウンフォースを生む格納式アクティブリヤスポイラーが初めて起動しているほか、ダミーのエキゾーストパイプを装備。足まわりには21インチとみられる大径ホイールが装着されている。

内部では、デジタルインストルメントクラスター、ドライバー近くに配置された大型のインフォテイメントタッチスクリーン、ポルシェのクラシックな3スポークステアリングホイールなどが見てとれる。

市販型では、ポルシェとアウディが開発したEV専用「PPE」(Premium Platform Electric)アーキテクチャを採用、アウディ『Q6 e-tron』や『A6 e-tron』をはじめ、今後の両ブランドから登場するEVモデルに流用される。PPEベースのEVモデルは、後輪ステアリング、エアサスペンション、トルクベクタリングに対応。『タイカン』や『e-tron GT』のように350kWの充電をサポートする。

マカンEVの仕様の詳細は明かされていないが、800V技術を特徴とする2つのバッテリー容量が設定され、高出力のフラッグシップ「ターボS」を含むいくつかのバージョンで提供されると予想される。またタイカンと比較して航続が大幅に向上すると見られている。

マカンEVは2022年に発表予定で、ICEモデルが2024年に廃止されるまで併売される。また市販型ではICEモデルと差別化するため、新ネームが与えられる可能性がありそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

ポルシェ マカンEV、市販時に車名が変わる? 最新プロトタイプでデザインをチェック

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集