ギアシフターは超小型...BWM 5シリーズ次世代型、これがキャビン内だ! | Spyder7(スパイダーセブン)

ギアシフターは超小型...BWM 5シリーズ次世代型、これがキャビン内だ!

自動車 新車スクープ
BMW 5シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
BMW 5シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真) 全 22 枚 拡大写真

BWM『5シリーズ』次世代型のインテリアを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて鮮明に捉えた。現行型となる第7世代は2017年に登場。まだまだ新鮮味が薄れた感じもしないが、早くも第8世代へバトンタッチする。

鮮明に撮影されたキャビンには、ダッシュボード一面に広がる一対のディスプレイが確認できる。デジタルインストルメントクラスターとインフォテインメントシステムのスクリーンは、横に長く湾曲した1枚のディスプレイに収められた格好だ。ライバルのメルセデスベンツ『Eクラス』新型で採用されているものに似ている。

分厚いD字型のフラットボトムハンドルは、よく見るとソフトタッチボタンのようなものが確認できる。さらに、スティックタイプのギアシフターが、『iX』に見られる超小型のスイッチタイプに変更されている。

プロトタイプのエクステリアでは、縦型巨大キドニーグリルは見送られ、通常のワイドグリルが採用されている様子がうかがえる。ヘッドライトは今後登場する『7シリーズ』改良新型で搭載される上下二段のスプリットヘッドライトではない可能性が濃厚だ。

側面ではフラッシュドアハンドルが装備されているほか、トランクリッドがゆるやかに傾斜しているのも特徴的で、現行5シリーズとの違いが明白になっている。さらに「Electric Test Vehicle」(電気テスト車両)のデカールが貼られており、エキゾーストパイプがないため、フルエレクトリックの『i5』で間違いないだろう。

5シリーズ次世代型では、「CLAR」プラットフォームを作用、ICE、PHEV、フルエレクトリックの3つのパワートレインを用意。i5は、70kWhから100kWhの範囲のバッテリーパックを備えるシングルモーター+後輪駆動、及びデュアルモーター+全輪駆動のバリエーションがラインアップされるほか、高性能モデル『i5M』では、システム合計出力750psを発揮するトリプルモーターを搭載すると噂されている。

5シリーズ次世代型のデビュー時期は明確ではないが、2022年後半から2023年前半と予想される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

BMW 5シリーズ 次期型のインパネを初スクープ!横長ディスプレイを確認

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集