アストンマーティンDBX怒涛の派生ラッシュ...高性能「S」市販型、最終デザインいきなり露出! | Spyder7(スパイダーセブン)

アストンマーティンDBX怒涛の派生ラッシュ...高性能「S」市販型、最終デザインいきなり露出!

自動車 新車スクープ
アストンマーティン DBX S(スクープ写真)
アストンマーティン DBX S(スクープ写真) 全 39 枚 拡大写真
アストンマーティン初のクロスオーバーSUVとなった『DBX』は、現在派生モデルを開発中だ。その1つである『DBX S』市販型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

DBXは2019年にデビュー。メルセデスAMGから供給される4.0リットルV型8気筒エンジン「M177」を搭載、最高出力は550psを発揮する。現在改良新型、ハイブリッド、パフォーマンスモデル、クーペ、PHEVなど6つの派生モデルを開発しているとみられるが、今回はそのうちのパフォーマンスモデル「S」をスクープ。


捉えたプロトタイプは、フロントスプリッターを備える大きなグリル、より多くのエアインテークを備え、バンパー下部には通常バージョンより大きなエアダクトが確認できる。インテークはフォグランプハウジングの周辺まで伸び、冷却効果が高められるはずだ。

後部では、以前スクープしたプロトタイプの巨大なデュアルエキゾーストパイプとは異なり、クワッドエキゾーストパイプがインストールされている。

キャビン内を撮影することは叶わなかったが、より多くのカーボンファイバートリム、スポーツシート、ステアリングホイールなど、専用のコンポーネントが期待できるだろう。


Sのパワートレインについては未だ不明だ。エンジンを共有するメルセデスAMG「GLE 63S」では最高出力611ps、最大トルク850Nmを発揮するため、このレベルへのブーストアップは可能だろう。また今後登場が予想される最強モデルでは、5.2リットルV型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は725ps、最大トルクは900Nmを発揮するとも噂されている。

DBXは2020年に売り上げを200%増加させており、派生モデルを展開することでより多くの収益が見込まれる。DBX Sのワールドプレミアは2022年前半が有力だ。

アストンマーティン DBX 怒涛の派生ラッシュ…高性能「S」、最終デザインが電撃露出!?

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集