発表まで待てない!BMW M3史上初のワゴン、これが市販型デザインだ | Spyder7(スパイダーセブン)

発表まで待てない!BMW M3史上初のワゴン、これが市販型デザインだ

自動車 新車スクープ
BMW M3 ツーリング 市販型 予想CG
BMW M3 ツーリング 市販型 予想CG 全 6 枚 拡大写真
BMWは現在、ハードコア『M3』の派生モデルとなるワゴン『M3ツーリング』を開発しているが、その最終デザインを大予想した。

同ブランドでは、2000年に「M3ツーリングワゴン」を社内向けの研究開発を目的に試作車として制作したが、市販には至らなかった。M3ツーリングの市販化は、1985年から販売されている「M3」の歴史で初となり、そのパフォーマンスワゴンに世界が注目している。

予想CGを提供してくれたのはフォトグラファーのJulian氏だ。後部から見ると、張り出したフェンダー、縦基調のアウトレット、アグレッシブなクワッドエキゾーストパイプとディフューザーを備えるバンパー、スプリッター、ルーフスポイラーなどを装備している。また分厚いサイドスカートやフロントフェンダー後部にはエアアウトレットも備えている。

フロントエンドでは、M3/M4と共有する巨大キドニーグリルを装着、エアロダイナミクスを大幅に向上させるリップスポイラーやスプリッターを装備するダイナミックなバンパーも確認できる。

パワートレインは3.0リットル直列6気筒「S58」ツインパワーターボエンジンを搭載、最高出力は480ps、最大トルク550Nmを発揮、後輪駆動と全輪駆動の両方のバリエーションを提供してくれる。またコンペティションでは最高出力510ps、最大トルク650Nmのスペックが期待できそうだ。

M3ツーリングのワールドプレミアは、最速で2021年内、あるいは2022年前半と予想される。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集