ヒュンダイ人気ピックアップ「サンタクルス」、クロスオーバーSUV設定の噂! | Spyder7(スパイダーセブン)

ヒュンダイ人気ピックアップ「サンタクルス」、クロスオーバーSUV設定の噂!

自動車 新車スクープ
ヒュンダイ サンタクルス SUV 予想CG
ヒュンダイ サンタクルス SUV 予想CG 全 7 枚 拡大写真
ヒュンダイは4月、新型ピックアップトラック『サンタクルス』を発表したが、そのクロスオーバーSUVバージョンが設定される可能性があることがわかった。

そもそもサンタクルスは、既存のクロスオーバーSUV『ツーソン』のピックアップバージョンであるため、発売されるならその形状に大きな変化がみられそうだ。

サンタクルスのボディサイズは全長4,970mm、全幅1,905mm、全高1,694mmだが、SUVでもキャリーオーバーされると思われる。

予想CGを提供してくれたのは、デザイナーのKolesa.ru氏だ。CGではLEDヘッドライトや高いボンネットなど、基本的にはツーソンから大きなインスピレーションを得たサンタクルスと同じだが、Cピラー以降に大きな差別化が図られており、実用性が高められているようすがうかがえる。

内部では、3列7人乗りレイアウトが予想され、2列目と3列目のシートへのアクセスを改善するために、後部ドアの開口部が大きくなっているのも特徴的だ。

ヒュンダイのSUVラインアップからみても、さらなるSUVが今すぐに登場する可能性は低いかもしれない、しかしサンタクルスは同社でも最も人気のあるモデルの1つであり、そのブランド力が開発の後押しするかも知れない。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集