起亜プロシード改良新型、ポルシェ風4ドットLED DRL装着...車内も激写! | Spyder7(スパイダーセブン)

起亜プロシード改良新型、ポルシェ風4ドットLED DRL装着...車内も激写!

自動車 新車スクープ
キア プロシード 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
キア プロシード 改良新型プロトタイプ(スクープ写真) 全 23 枚 拡大写真
キアの人気シューティングブレーク『プロシード』改良新型プロトタイプをスクープ、その内部も激写した。プロシードは2018年に発売されたステーションワゴンで、その美しいルーフシルエットが話題となった。

捉えたプロトタイプは、キアの開発車両らしく前後にマスキングが施されている。しかし、グリルの中央部分が狭くなり、サラウンドが厚くなっている様子が伺える。グリルが際立ち、よりアグレッシブな印象を与える。

もう一つの注目は、ポルシェを模したように見えるヘッドライトだ。ガラスの内側には4つのドットがコーナーに配置されたLEDデイタイムランニングライトが新たに確認できる。


また注意深く見ると、フロントバンパー下部には、赤いアクセントを備えるインサートを確認、このプロトタイプが「GT」モデルであることを示唆している。現行モデルと比較すると、バンパー下部のエアインテークはよりタイトで、アグレッシブに傾斜したサラウンドが特徴的だ。以前捉えたプロトタイプには合金ホイールのセンターキャップに誇らしげにKiaの新ロゴが装着されていたが、今回すべてのバッジが削除されている。

初めて撮影に成功したインテリアは、インフォテイメントスクリーンが現行型よりダッシュボード下部に配置されているように見える。HVACとインフォテイメントボタンクラスタは中央スクリーンのすぐ下に配置された金属、あるいは金属色のプラスチックトリムにより分離されプレミアム感を与えている。一方、ステアリングホイールに変化はなく、レザーがあしらわれたフラットボトムスタイルが継承されている。

パワートレインは、マイルドハイブリッド技術を搭載した1.5リットル直列4気筒エンジンを搭載する可能性が高く、最高出力160ps、最大トルク253Nmを発揮するとみられる。また高性能モデルのGTでは、1.6リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載、最高出力204ps、最大トルクは265Nmに達する。

プロシード改良新型のデビューは最速で2021年内と予想される。

ポルシェ風LEDが光る?キア プロシード 改良新型をスクープ

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集