550馬力のスーパーワゴン!メルセデスAMG『 C63ステーションワゴン』新型、ついに最終デザイン露出! | Spyder7(スパイダーセブン)

550馬力のスーパーワゴン!メルセデスAMG『 C63ステーションワゴン』新型、ついに最終デザイン露出!

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG C63ステーションワゴン 新型プロトタイプ(スクープ写真)
メルセデス AMG C63ステーションワゴン 新型プロトタイプ(スクープ写真) 全 12 枚 拡大写真
メルセデスベンツが2021年2月に発表した、主力モデルの新型『Cクラス』。その頂点に君臨するハードコアワゴン、メルセデスAMG『C63ステーションワゴン』新型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。見た目以上に「中身」が大きく進化するようだ。

ニュルブルクリンクのテストセンター付近で捉えた車両は、これまで隠されていたブーメラン型LEDデイタイムランニングライト、ヘッドライトのアウトライン、パナメリカーナグリル、サイドエアインテークが露出。

リアエンドでは、刷新されたLEDテールライト、AMG特有のクワッドエキゾーストシステム、ディフューザーなどベースモデルよりアグレッシブな市販型コンポーネントがはじめて確認できる。

足回りは、フロントに黒のYスポーク、リアにシルバーのツインスポークという前後異なるホイールが装着されている。この部分は最終調整中のようだ。


注目のパワートレインだが、ついに4.0リットルV型8気筒ツインターボが廃止される可能性が濃厚だという。代替としてAMG『A45S』に搭載されている2.0リットル直列4気筒ターボを流用し、さらにモーターを組み合わせるPHEVとなる可能性が高いようだ。

A45Sでは最高出力421psを発揮するが、C63では最高出力550ps、最大トルク800Nmを発生するという最新情報を入手した。また下位モデル「C53」では最高出力は420ps程度に抑えられるだろう。トランスミッションは9速AT、駆動方式は全輪駆動システム「4MATIC」が有力だ。

メルセデスAMG C63ステーションワゴン新型の登場は、2022年前半あたりになるだろう。

V8ターボ廃止?メルセデスAMG『C63ステーションワゴン』新型、4気筒PHEVで550馬力か

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集