15億円のブガッティ『ラ ヴォアチュール ノワール』、ついに最終市販型モデルを世界初公開! | Spyder7(スパイダーセブン)

15億円のブガッティ『ラ ヴォアチュール ノワール』、ついに最終市販型モデルを世界初公開!

自動車 ニューモデル
ブガッティ ラ ヴォアチュール ノワール 最終市販モデル
ブガッティ ラ ヴォアチュール ノワール 最終市販モデル 全 17 枚 拡大写真
ブガッティは、1,340ドル(約15億円)のハイパーカー『ラ ヴォアチュール ノワール』最終市販モデルを世界初公開した。

同モデルは、ジュネーブモーターショー2019にて、究極のワンオフモデルとしてワールドプレミアされた。ブガッティが1930年代に4代のみ生産した「Type 57 SCアトランティック」へのオマージュとして開発、VWの元CEO、Ferdinand Piech氏のために制作されたワンオフモデルだ。

プロトタイプが公開された2019年当時は、世界一高い新型市販モデルとされていたが、現在は30億円とも言われるロールスロイス「ボート テール」にその座を譲っている。

また公開当時、インテリアも完成されていないことが後日発覚、完成まで2年以上の月日を要している。ついに公開された最終モデルは、「シロン」をベースに別注のボディワークと拡張されたホイールベースを備えている。インパクトを与えた6エキゾーストパイプは最終型でも採用、リアエンドを支配している。

ホイールベースは、シロンより250m(9.8インチ)長く、全長は450mm(17.7インチ)ストレッチされた。カーボンファイバーのボディは、ブラック カーボン グロッシーとして知られるクリアコートが特徴で、同社は「反射はほとんどなく、そこには緊張感がありドラマチックです」と主張している。

またヘッドライトには、各クラスタに25を超える要素が加工されており、ワンオフならではの労力を費やしたことを認めている。フロントグリルは3Dプリントされ、後部の超ワイドLEDライトストリップは、ブガッティ史上初となる継ぎ目のない一体型サラウンドデザインが採用されている。

キャビン内の画像は公開されていないが、ハバナ・ブラウンで仕上げられたグレイン レザーの内装を持ち、センターコンソールとドアガードには、アルミ製のインレイが装飾、ローズウッドのスイッチによりさまざまなドライビングモードがセレクト可能だという。

パワートレインは、「ディーヴォ」から流用された8.0リットルW型16気筒クワッドターボエンジンを搭載。最高出力は1,500ps、最大トルク1,600Nmを叩き出す。

親会社であるVWは、ブガッティは2021年内にもう1台ワンオフモデルを発表予定で、「シロン ロードスター」とも噂されている。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集