箱根に秘密のガレージハウス「HC VILLAGE」がオープン! | Spyder7(スパイダーセブン)

箱根に秘密のガレージハウス「HC VILLAGE」がオープン!

話題 旅行
HC VILLAGE
HC VILLAGE 全 16 枚 拡大写真
新しいカーライフを提案するHC GALLERYは5月27日、「車好き同士が集まる特別な隠れ家」をコンセプトとした、新スタイルの別荘集落「HC VILLAGE」を箱根(神奈川県)で公開した。

HC GALLERYのプロジェクトは「車をもっと楽しく」 をコンセプトに、2021年に誕生した大観山スカイラウンジ内の新感覚発信スペースからスタート。「どんなドライブルートを選べばいいの?」や、「どんなお店に立ち寄ればいいの?」、「 道に迷ったらどうしよう?」などといった、ドライブに関する悩みを払拭させるサービスをつくりたいという想いから誕生したという。

そんなギャラリースペースのオープンから約2年が経過し、「さらに車を通じたコミュニケーションが生まれる新しいコミュニティをつくりたい」との想いから、車好きの集まる箱根の地に 「車好き同士が集まる特別な隠れ家」をコンセプトとした、新スタイルの別荘集落「HC VILLAGE」プロジェクトを始動させた。

一連のHCプロジェクトの運営を統括する株式会社TAKE FRONTIERの佐野順平代表取締役は、次のように説明する。「近年、クルマ離れが叫ばれており、私と同じ30代の仲間内でも、その下の世代においても、実際にクルマ好きは少ないと感じています。しかし、ある程度目立つスーパーカーなどで、公道を走っていると、子どもたちは必ず大喜びで指を指してくれるんです。一方で、大人は見ないふりをする人が多いのですが……。子どもの時は、大半の人がクルマ好きだったのではないでしょうか。ですが、色々な常識の擦り込みや教育などを通して、自分はクルマとは縁遠いものなんだと思い込み、心を閉ざしてしまうというプロセスでクルマ離れが起きていると感じています」。

「子どもは興味を持つために存在していて、大人になるにつれてその興味をどんどん疎外していき、自分の中に残った興味が得意分野になっていくというのが、人間の成長のプロセスなんです。その、子どもの頃に持っていたクルマへの興味をなんとかほじくり出せば、もっともっとクルマ好きが増えるはずと考えました。そして、そのために何ができるかを考えた結果、HC GALLERY事業をスタートさせるに至ったのです」(佐野氏)

そんなHC GALLERY事業には、現在「HC VILLAGE」、「HC GALLERY」、「HC SHARING」の3つの柱が存在。それぞれにクルマ好き度合いのレベル感で、ターゲットが分けられたサービスとなっているという。

そのなかで、今回公開された「HC VILLAGE」は、クルマが無いと人生が楽しめないレベルの人向けのサービス。クルマが好きすぎる人に、今までに無い体験を届けたいとの想いで企画されている。

そんなHC VILLAGEの特徴としては、「愛車を眺めながら過ごせるリビングと、広々とした空間」、「車好き同士が集まって楽しめるパーティースペース」、「箱根という車好きの“聖地”に囲まれた立地」が挙げられる。

「企画するにあたり重要視したのは、究極の自己満足とかけがえのないコミュニティ、そしてクルマの所有を家族に認めてもらう事です」と、佐野氏は続けた。

その言葉通りHC VILLAGEには、各部屋に2台ずつ愛車を置ける室内カースペースが確保されており、平屋の住居では全面窓ガラス張りのリビング&ベッドルームを設定。愛車を眺めながら過ごし、寝るという車好きにとっての至高の空間が用意されている。

さらに、車好き同士が集まって食事や会話が楽しめる、大きなウッドデッキ付きの2 階建て共用パーティスペースは、個人的にレンタルすることが可能なだけでなく、HC VILLAGE主催のBBQパーティーやF1などのライブビューイングなどの開催も予定されているという。

それらに加え、箱根仙石原にある「箱根ラリック美術館」の近くという立地は、子ども連れの家族サービスにも最適だ。

さらに、環境も木々に囲まれた閑静な住宅街の一角で、その落ち着いた雰囲気は、都会の喧騒に疲れた心をリフレッシュさせてくれるだろう。また、建物はモダンな建築を得意とする小川晋一都市建築設計事務所が手掛けた、白を基調とした洗練されたデザインの住居(別荘)が建ち並ぶ集落となっており、愛車の美しさを一層引き立てる。

また、防音にも配慮されているため、室内は近隣への騒音を気にすることなく自由な使い方が可能となっている点も、趣味を大切にするクルマ好きには嬉しいポイントである。

クルマ好きの隠れ家HC VILLAGEは、今回公開された平屋4棟を皮切りに、2021年冬には平屋6棟、2022年夏には 2階建て8棟の竣工が順次予定されている。賃料は月額17万円から18万円。入居者はサーキットが走れるレーシングカーのカーシェアリングサービスであるHC SHARINGを月額無料、整備費のみで利用できるなど、クルマとの生活を楽しみ尽くせる環境を手に入れる事ができる。

クルマ好き理想の隠れ家! 箱根にガレージハウスをオープン HC VILLAGE

《先川知香@レスポンス》

この記事の写真

/

特集