キア プロシードに続いてシード「ハッチ」「ワゴン」も捕獲!内外装を大刷新へ | Spyder7(スパイダーセブン)

キア プロシードに続いてシード「ハッチ」「ワゴン」も捕獲!内外装を大刷新へ

自動車 新車スクープ
起亜 シード エステート
起亜 シード エステート 全 23 枚 拡大写真
キアの欧州Cセグモデル、『シード』に設定されるハッチバック、及びエステート改良新型プロトタイプをダブルスクープした。

先日捉えた、シューティングブレークの「プロシード」に続き、ハッチとSWも大変身の準備をしていることがわかったわけだが、今後リフトアップモデル「Xシード」も準備を進めることが濃厚だ。

現行型シードは2018年ジュネーブモーターショーでデビュー、これが初の大幅改良となる。捉えたプロトタイプは、ハッチ、エステートともに厚いクラッディングで後部デザインをがっちりガード。プロシード同様に改定されたタイガーノーズグリル、再配置されたLEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライトを装備、後部では、テールライトのグラフィックが新設計される。またホイールキャップにはすでに公開されている新しいブランドロゴが装着されている。

エステートは先日のプロシードと似ているが、Dピラーの処理が寝かされているプロシードに対し、エステートは立っていることで区別がつくだろう。

まだ内部を捉えていないが、プロトタイプにはフローティングスタイルのインフォテイメントシステムがあるようで、ソフトウェアのアップデート、室内装飾やトリムもリフレッシュされることが濃厚だ。

パワートレインは、マイルドハイブリッドセットアップを追加した「i30」から流用、つまり最高出力高出力160ps、最大トルク253Nmを発揮する1.5リットル直列4気筒エンジンを搭載する。また市場によっては、非ハイブリッドやディーゼルのパワートレインも提供する可能性がありそうだ。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集