ポルシェ マカン次世代EV、航続はタイカン超えの300マイル(482km)目指し開発中の噂! | Spyder7(スパイダーセブン)

ポルシェ マカン次世代EV、航続はタイカン超えの300マイル(482km)目指し開発中の噂!

自動車 新車スクープ
ポルシェ マカンEV 開発車両 スクープ写真
ポルシェ マカンEV 開発車両 スクープ写真 全 15 枚 拡大写真
ポルシェは現在、エントリー・クロスオーバーSUV『マカン』次世代型に設定されるフルエレクトリックモデルを開発しているが、1回の充電における航続距離がEVセダン「タイカン」を大幅に超える可能性が高いことがわかった。

マカンは2014年から欧州、ならびに日本市場で発売。2019年には初の大幅改良が行われているが、すでに次世代型の開発に着手している。次世代型では、市場により需要が異なるため、EVとICE搭載モデルを数年間並行して販売する予定だ。

注目はバッテリー技術の進化による航続距離だろう。EV仕様は4モーターなども噂されているが、その新バッテリーはフォード「マスタング マッハE」やテスラ「モデルY」と並ぶ300マイル(482km)と予想され、「タイカン」2021年型の450kmを大幅に更新する。

マカンEV市販型には、アウディと共同開発されたVWグループの「PPE」(プレミアムプラットフォームエレクトリック)を採用、同グループのEVモデルと今後幅広く共有されることになる。また最大270キロワットの急速充電にも対応、米VWの子会社である「ElectrifyAmerica」充電ネットワークとパートナーシップを強化することも計画しているようだ。

悪天候の中、望遠カメラで捉えたプロトタイプは、タイカンに似たヘッドライト、トリムでマスキングされたBピラー後部のアーチ型ルーフライン、アクティブリアウィングを装備していることがわかる。またリアエンドには新グラフィックのテールライト、新設計されたテールゲートが確認できるほか、フェイクのツインエキゾーストパイプも見てとれる。またタイカン同様に左右のリアフェンダーに充電口を配置している様子も伺える。

エレクトリック・マカンは2023年までにデビューすると伝えられており、2022年末までに生産が開始されると予想されている。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集