フォード『F-150』EV版、伝説のハードコア「ライトニング」ブランドを復活か! | Spyder7(スパイダーセブン)

フォード『F-150』EV版、伝説のハードコア「ライトニング」ブランドを復活か!

自動車 新車スクープ
フォード F-150 EV
フォード F-150 EV 全 3 枚 拡大写真
フォードは現在、ピックアップトラック『F-150』のEVバリアントを開発しているが、市販型では高性能バージョンとなる「ライトニング」ブランドが設定される可能性があることがわかった。

初代ライトニングは1993年モデルに設定、チューニングされた5.8リットルV型8気筒エンジンを搭載し、最高出力240psを発揮した。第二弾は1999年モデルに設定、5.4リットルV型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力360psを発揮した。そして2001年モデルでは、最高出力が380psまで高められていた。

フルエレクトリックとなるF-150は、独立したリアサスペンションを使用、後輪に動力をおくるためのハーフシャフトを備える頑丈な電気モーターを積むという。フロントのモーターは全輪駆動を提供、噂によると1回の充電による航続は300マイル(480km)だが、アップグレード版のバッテリーパックでは驚異の400マイル(640km)に達するという。

エクステリアデザインはF-150のキープコンセプトとなるが、ティザーイメージからはLEDストリップがボンネットの下を走り、各コーナーで90度に下に向けられているほか、下部コーナーにもL字型LEDデイタイムランニングライトが追加されるなど差別化が図られる。 

F-150 EVライトニングの最高出力は450ps以上と予想されている。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集