メルセデス最高級EVサルーン『EQS』、ハードコアAMGバージョン設定へ!その最高出力がエグい | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデス最高級EVサルーン『EQS』、ハードコアAMGバージョン設定へ!その最高出力がエグい

自動車 新車スクープ
メルセデスAMG EQS プロトタイプ(スクープ写真)
メルセデスAMG EQS プロトタイプ(スクープ写真) 全 12 枚 拡大写真
メルセデスベンツの新型EVサルーン『EQS』に、早くもハイパフォーマンス仕様となるAMGモデルが登場することが確定的となった。スクープサイト「Spyder7」が捉えた市販型プロトタイプの姿を紹介する。

メルセデスベンツ「EQ」シリーズは、電動モデルに特化したブランドで、すでに『EQC』、『EQV』、『EQA』、『EQB』と立て続けに発表されている。EQSは、その名の通り最上級サルーン『Sクラス』に相当するEVだ。


今回スクープしたEQSがAMGモデルかどうかを判断するのは、ガソリン車以上に難しい。アグレッシブなエアインテークやマフラーがないためだ。それでも大型のカーボンセラミックブレーキやゴールドイエローのAMGブレーキキャリパー、わずかに低いサスペンション設定、1~2インチ広くされたトレッドがヒントを与えてくれている。

さらに注意深く見れば、フロントバンパーがわずかながらアグレッシブな形状に変更され、リアスポイラーがよりコンパクトに、そしてヘッドライトの内側がブラックアウト風の処理となっていることがわかる。

ベースモデルとなるEQSは、「EQS 450+」が最大出力333hp、最大トルク57.9kgm、「EQS 580 4MATIC+」は最大出力523hp、最大トルク87.2kgmを引き出す。AMGモデルでは、最高出力が600hpを遥かに超え、670hpまで向上するとも噂されている。

記になるモデル名だが、すでに「EQS 43」、「EQS 53」、「EQS 63」の商標登録が確認されており、そのままラインアップされる可能性がある。AMGモデルのEQSは、2022年初頭のワールドプレミアと予想される。

メルセデス最高級EVサルーン『EQS』、AMGモデルはどうなる? プロト車両を激写

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集