BMWは車内で最新ニュースが読み上げられる!新たなデジタルサービス開始へ | Spyder7(スパイダーセブン)

BMWは車内で最新ニュースが読み上げられる!新たなデジタルサービス開始へ

自動車 テクノロジー
BMW オペレーティングシステム7.0
BMW オペレーティングシステム7.0 全 7 枚 拡大写真
BMWは1月27日、欧州向けの「BMWオペレーティングシステム7.0」搭載車に、2021年4月から新たなデジタルサービスを導入すると発表した。

BMWオペレーティングシステム7.0は、「BMW ライブ・コックピット」、「BMWライブ・コックピット・プラス」、「BMWライブ・コックピット・プロフェッショナル」と組み合わせることにより、さらに多くのデジタルサービスを利用することができる。このサービスには、「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」、「コネクテッド・ミュージック」、リモート・ソフトウェア・アップグレードなどがある。

2021年4月から、欧州で開始される新たなデジタルサービスが、「BMWニュースアプリ」だ。このアプリは、2021年4月から「BMW コネクテッド」の一部として利用できるようになる。

BMWニュースアプリでは、ドライバーが選択したオーディオコンテンツが提供される。これは、ドライバーの要望やニーズに合わせて選択される。ドライバーの興味に基づいて、メディア各社の最新のオンラインニュースが選択され、車両のオーディオシステムから自然言語の形で読み上げられる、としている。

「BMWニュースアプリ」、車内で最新ニュースを読み上げ…4月から欧州で開始

《森脇稔@レスポンス》

この記事の写真

/

特集