AMG版メルセデスCクラス次期型にもワゴン確定...強力なマイルドハイブリッドも初搭載へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

AMG版メルセデスCクラス次期型にもワゴン確定...強力なマイルドハイブリッドも初搭載へ!

自動車 新車スクープ
メルセデスAMG C43/C53(仮)ステーションワゴン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
メルセデスAMG C43/C53(仮)ステーションワゴン 次期型プロトタイプ(スクープ写真) 全 18 枚 拡大写真
メルセデスベンツ『Cクラス・ステーションワゴン』次期型の高性能AMGモデルをキャッチした。これまで「AMG C43/C53」セダンのプロトタイプを捉えていたが、ワゴンバージョンは初めて。

捉えたプロトタイプは、デュアル5スポーク合金ホイール内に収容されている大型ブレーキローターセットを装備するほか、サイドシル、リアエンドにはディフューザーに接する円形クワッドエキゾーストパイプが見てとれる。ハイエンドモデルの「AMG C63」は正方形の排気口となるため、このテスト車両が「C43」または「C53」と判断できる。

フロントエンドにはAMGお得意のダミーグリルを装着。その奥にはパナメリカーナグリルを装備していることは間違いなく、よりアグレッシブなマスクとなることが予想される。


市販型の呼称は「C43」となるか「C53」か、現段階では不明だ。しかし、パワートレインはともにV型エンジンと決別し、新たに2.0リットル直列4気筒エンジンを搭載。9速オートマティック、全輪駆動システムと組み合わされることが予想される。

また、より強力なパワーを得るために電気モーターを搭載、マイルドハイブリッド技術を採用することにより、最高出力は現行型C43の385psを超え、過去最高の416ps以上を発揮する可能性もありそうだ。

ベースモデルとなるCクラス次期型の発表が迫っているが、AMGの気になるデビュー時期は2021年後半となりそうだ。

Cクラスワゴン 次期型、AMGバージョンは「C43」か「C53」か…最新プロトをチェック

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集