最大420馬力の「M2」も設定...BMW 2シリーズクーペ新型プロト、豪雪を走った! | Spyder7(スパイダーセブン)

最大420馬力の「M2」も設定...BMW 2シリーズクーペ新型プロト、豪雪を走った!

自動車 新車スクープ
BMW 2シリーズクーペ 次期型(スクープ写真)
BMW 2シリーズクーペ 次期型(スクープ写真) 全 14 枚 拡大写真
開発も終盤に入っていると見られる、BMWのコンパクトFRクーペ『2シリーズクーペ』次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

豪雪のスカンジナビアでキャッチしたテスト車両は、生産準備が整ったヘッドライト、テールライトを装備。グリルはカモフラージュされているが、バンパー下部の開口部が広いため、賛否両論の『4シリーズ』のようなメガグリルの採用はないようだ。

またアグレッシブなサイドスカートや、2021年発売が予定される新型『i4』で採用される「フラッシュマウントドアハンドル」を備えていることもわかる。さらにリアエンドでは、デュアルエキゾーストシステム、コンパクトなリアスポイラーも装着されている。


次期型では、「CLAR」プラットフォームを採用。後部ドアのある他のすべての2シリーズファミリーのように前輪駆動(FF)に移行するのではなく、後輪駆動(FR)レイアウトにこだわり続ける。

車内では、インフォテイメントシステム、デジタルインストルメントパネルを含むダッシュボード全体が『2シリーズ グランクーペ』と共有することになりそうだ。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジンをはじめ、最高出力258psを発揮する2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンをラインアップするほか、高性能「M240i」には、最高出力345psを発揮する3.0リットル直列6気筒が搭載されるはずだ。

そしてハードコアモデル『M2クーペ』には、『M3セダン』、『M4クーペ』から流用される3.0リットル直列6気筒ツインターボ「S58」エンジンをデチューンし搭載。最高出力は420ps以上というから期待が膨らむ。

2シリーズクーペ次期型のデビューは最速で2020年内、あるいは2021年初頭となるだろう。

発表間近のBMW 2シリーズクーペ 次期型、最新プロトが豪雪を駆ける…M2は420馬力!?

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集