トヨタ アイゴ次期型、クロスオーバースタイルに進化!ゼロエミッションモデルも登場か | Spyder7(スパイダーセブン)

トヨタ アイゴ次期型、クロスオーバースタイルに進化!ゼロエミッションモデルも登場か

自動車 新車スクープ
トヨタ アイゴ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
トヨタ アイゴ 次期型プロトタイプ(スクープ写真) 全 6 枚 拡大写真
トヨタが欧州で販売するAセグメントモデル『アイゴ』次期型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

アイゴは、PSAとの合併会社「TPCA」により開発されたコンパクトハッチバックだ。初代は2005年に登場、プジョー『107』やシトロエン『C1』とは一部コンポーネントを共有する兄弟モデルとなっている。現行モデルは2014年に発売されており、これが7年振りのフルモデルチェンジとなる。

捉えたプロトタイプは、ナンバーが同じであるが、異なるテスト車両であることがわかる。フロントから撮影された車両は、生産仕様のボディとヘッドライトを備えたアイゴ次期型と思われるが、リアエンドから捉えたプロトタイプは、ユーロ仕様の新型『ヤリス』をベースとしたテストミュール車両だ。

トヨタ アイゴ 次期型プロトタイプ(ヤリスのテストミュール)スクープ写真
次期型は、現在のハッチバックスタイルからクロスオーバーデザインになると噂されている。プロトタイプは、ボディをリフトアップ。Cピラー以降に厳重なカモフラージュが施されているが、クロスオーバーテイストを醸し出していることが分かる。

現行型は、1.0リットル直列3気筒自然吸気エンジンを搭載しているが、次期型ではガソリンエンジンに加え、新たにゼロエミッションモデル=EVの設定が濃厚であることがわかっている。

トヨタは現在でも年間10万台のアイゴを生産しているが、次期型では、人気のクロスオーバースタイルにより、さらなる飛躍を計画しているという。

アイゴ次期型のワールドプレミアは早くとも2021年終わりと予想される。

トヨタ アイゴ 次期型、クロスオーバースタイルに進化!? EVも登場か

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集