BMW X5改良新型を初スクープ...目玉は48V電動パフォーマンスモデル! | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW X5改良新型を初スクープ...目玉は48V電動パフォーマンスモデル!

自動車 新車スクープ
BMW X5 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
BMW X5 改良新型プロトタイプ(スクープ写真) 全 9 枚 拡大写真
BMWのミドルサイズ・クロスオーバーSAV(Sports Activity Vehicle)『X5』改良新型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

『5シリーズ』をベースにした初代X5は2000年に登場。2007年に発売された第2世代ではボディが大型化された。2013年から販売された第3世代では大幅な改良が行われることなく、ダイレクトに現行型「G05」へ移行しており、これが初の大幅改良となる。

捉えたプロトタイプは、フェイスリフトにも関わらず大掛かりな暫定ヘッドライトを装着。フロントドア、及びテールゲートには「Hybrid Test Vehicle」のステッカーが貼られている。さらにコーナーエアインテークを含むフロントバンパーデザイン、青いブレーキキャリパーは「X5M」から用いられ、後部エキゾーストフィニッシャーは、「M5 M50i」で見た配置となっている。今回のプロトタイプは初期開発車両のため、ダミーコンポーネントを多用している可能性が高い。


またオレンジのサイドマーカーを装着していることから米国仕様と思われるほか、ナンバープレートがないことから、車両が未登録であることがわかる。

内部は撮影できなかったが、一部写真からはセンターコンソールに何らかのテスト機器が取り付けられていることが確認できる。おそらく、「iDrive7.0」を搭載した新しい10.25インチのタッチスクリーンインフォテイメントシステムの追加、12.3インチのライブコックピットプロフェッショナルディスプレイへの対応などが期待できるだろう。

パワートレインの多くはキャリーオーバーされる見込みだが、プロトタイプがMパーツを採用していることや、電動化を示すステッカーからも、新たに48Vマイルドハイブリッドを搭載する電動パフォーマンスモデルの設定もありそうだ。

BMW X5、現行初の大幅改良へ!目玉は48Vの電動パフォーマンスモデルか

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集