タイプRはどうなる!? ホンダ シビック新型、AWD四輪駆動は設定なしの可能性! | Spyder7(スパイダーセブン)

タイプRはどうなる!? ホンダ シビック新型、AWD四輪駆動は設定なしの可能性!

自動車 新車スクープ
ホンダ シビック プロトタイプ 
ホンダ シビック プロトタイプ  全 8 枚 拡大写真
米国ホンダは、11月17日に『シビック』新型プロトタイプを発表したばかりだが、AWD(四輪駆動)モデルは設定されない可能性が高いことがわかった。

シビックは1973年に米国市場に投入され、ベストセラーへと成長した。プロトタイプながら今回発表された第11世代では、シャープなLEDデイタイムランニングライトを備えるスイープバックヘッドライト、水平基調のワイドグリルなどを装備、洗練されたボディシルエットが見てとれる。

シビック セダンは2021年春に米国市場で発売され、その後スポーティな「Si」、ハードコア「Type R」と続く予定だ。

しかし残念はニュースが入ってきた。ライバルとなるスバル「インプレッサ」、及び「MAZDA 3」が前輪駆動とAWD四輪駆動を設定しているのに対し、シビックでは前輪駆動のみの設定となる可能性が高いという。今後登場予定のホットハッチ「Type R」では、AWD四輪駆動の設定は不明だが、ライバルとなるVW「ゴルフR」と対峙するためにも、是非設定してほしいところだろう。

新型のパワートレインは一切明かされていないが、最高出力160ps、最大トルク187Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒自然吸気エンジン、最高出力176ps、最大トルク219Nmを発揮する1.5リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンなどが予想されるほか、電動化も期待される。

プロトタイプのキャビン内ではフルデジタル・ドライバーズメータークラスタ、9インチのインフォテイメントシステム、セーフティギアなどが搭載されており、市販型でも多くを引き継ぐことになるはずだ。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集