シビック、カローラが餌食になるのか...ヒュンダイ高性能セダン「エラントラN」、プロトタイプを公式リーク! | Spyder7(スパイダーセブン)

シビック、カローラが餌食になるのか...ヒュンダイ高性能セダン「エラントラN」、プロトタイプを公式リーク!

自動車 新車スクープ
ヒュンダイ エラントラN プロトタイプ
ヒュンダイ エラントラN プロトタイプ 全 20 枚 拡大写真
ヒュンダイは、2020年3月に人気4ドアセダン、『エラントラ』新型を発表したが、そのハードコアモデルとなる『エラントラN』市販型プロトタイプを公式リークした。

初代エラントラは、1990年に登場した。その後20年間にわたり販売されており、202年に発売された現行型は第7世代となっている。スポーツデザインを持つモデルとしては、「Nスポーツライン」が設定されているが、「エラントラN」はその頂点に君臨する。

公式リークされたプロトタイプのエクステリアは、ベースとなるエラントラよりアグレッシブなボディキットを装備。フロントエンドには「i30N」や「ヴェエロスターN」のような大口のコーナーエアインテークを備えるバンパーが見てとれるほか、厚みのあるサイドスカート、大径デュアルエキゾーストパイプ、ウィングを組み込んだデュフューザー、特注のホイールなどが装着されている。

また足回りでは、コーナーリング能力を向上させる再調整されたサスペンション、停止を改善する大型ブレーキを備えている。

キャビン内では、スポーツフロントシートをはじめ、専用の室内装飾、カーボントリムなどいくつかのアップグレードがなされるはずだ。

Nラインのパワートレインは、1.6リットルのガソリンターボチャージャーを搭載するが、「N」ではより大きな2.0リットルGDIターボユニットが予想され、最高出力は275hp、最大トルク353Nmを発揮する。トランスミッションは6速MT、及び電子制御スリップデファレンシャル付きの8速DCTが提供されることが濃厚だ。

ヒュンダイは「Nライン」を導入したばかりのため、エラントラNのデビューは、2021年終わりが有力だ。日本市場再導入が噂されるヒュンダイだが、実現すればトヨタ「カローラ」、ホンダ「シビック」などが標的となるだろう。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集