メルセデスベンツ「シタン」次期型クロムバッジを初公開!EVも設定か | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスベンツ「シタン」次期型クロムバッジを初公開!EVも設定か

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ シタン次期型 ティザーイメージ
メルセデスベンツ シタン次期型 ティザーイメージ 全 10 枚 拡大写真
メルセデスベンツは2022年発売に向け、コンパクトミニバン「Tクラス」を開発しているが、そのTクラスと車台を共有する「シタン」次期型のティザーイメージを初公開した。

Tクラスは、ビジネスからレジャーまで幅広い層に対応するMPVで、すでにラインアップされている商用車「シタン」とは兄弟車となる。

シタン次期型は、ルノー日産三菱アライアンスにより開発、『メガーヌ』でも使用されている「CMF-C」プラットフォームを採用し、パネルバン構成の貨物量を改善、乗用バージョンでは乗客スペースが向上するとみられる。

ルノー「カングー」新型をベースとするシタンは、多くのコンポーネントを共有、数日前にカングーがEVバージョンとフレームレスサイド・カーゴドアを発表したが、同様にフルEVモデルも設定される見込みだ。

そのほかのパワートレインは、ルノー最新世代の1.5リットル直列4気筒ターボディーゼル、最高出力80ps、95ps、116psを発揮するダイムラー/ルノーの1.3リットルdCiターボユニットのほか、ハイブリッドモデルなどがラインアップされると思われる。

シタン次期型のデビューは、最速で2020年内、あるいは2021年初頭と予想される。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集