夢の500km/hが出た!SSC「トゥアタラ」、量産車世界最速ブガッティ シロンの牙城を崩す | Spyder7(スパイダーセブン)

夢の500km/hが出た!SSC「トゥアタラ」、量産車世界最速ブガッティ シロンの牙城を崩す

自動車 スポーツ・エンタメ
シェルビー・スーパーカーズ トゥアタラ
シェルビー・スーパーカーズ トゥアタラ 全 12 枚 拡大写真
米スーパーカーメーカーのSSC(シェルビー・スーパーカーズ)は、同社の『トゥアタラ』が、量産車世界最速レコード持つブガッティ『シロンSS300+』を超える532.9km/hを叩き出したと発表した。

量産車の世界最速記録は、2017年にケーニグセグ「アゲーラRS」が447.19km/hを記録、その後ブガッティ「シロンSS300+」が490.49km/hを叩き出している。

今回は、アゲーラRSが歴史を作ったラスベガス郊外、パーランプ付近の州道160号線の同じ区間より計測された。ドライバーは、当時と同じオリバーウェブ氏で、そのレコードは最高速度532.9km/h、2往復の平均速度でも508.7km/hという圧巻のスピードを実現した。

トゥアタラのパワートレインは、5.9リットルV型8気筒フラットプレーンクランクエンジンを搭載、「91オクタン」ガソリンエンジンの場合最高出力1,350psを発揮するが、「E58エタノール」ガソリンを使用すれば最高出力1,750psを発揮する。

このハイパワーに車重1,247kg、Cd値0.279の数値が組み合わされ、史上初の500km/hが達成されたようだ。

しかし、早くもこの記録が抜くのではと噂されている車がある。今秋にもデビューが期待されているヘネシー・パフォーマンス『ヴェノムF5』だ。そのパワートレインは、7.6リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載、最高出力は1,600ps、空気抵抗係数を示すCd値は0.33、車重は3,000ポンド(1,360kg)のハイパーカーだ。最高速度500km/hは確実と言われており、世界最速を更新する可能性も十分あるだろう。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集