VW「ID.3」の強化モデル、「クプラ エルボーン」発売へ!開発車両をスクープ | Spyder7(スパイダーセブン)

VW「ID.3」の強化モデル、「クプラ エルボーン」発売へ!開発車両をスクープ

自動車 新車スクープ
セアト クプラ「エルボーン EV」プロトタイプ(スクープ写真)
セアト クプラ「エルボーン EV」プロトタイプ(スクープ写真) 全 17 枚 拡大写真
VWグループ・セアトの高性能ブランド「クプラ」が開発を進める『EL-Born EV』(エルボーンEV)市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

スペインの自動車メーカーであるセアトは2018年、高性能モデルに特化した「クプラ」ブランドの立ち上げを発表。同年3月のジュネーブモーターショーでは、400kWの電動モデル『eレーサー』、コンパクトSUV『クプラ アテカ』を公開している。

クプラ エルボーンEVは、ジュネーブモーターショー2019で世界初公開された『エルボーンコンセプト』の市販型となる。VWのEV『ID.3』とは「MEB」プラットフォームを共有、兄弟モデルであると同時に、その高性能バージョンともいえる。

捉えたプロトタイプは、エクステリアを完全ガードしているが、シャープに釣り上がる三角形のヘッドライト、コーナーエアインテークの形状などが見てとれる。

生産型にはID.3より強力な150kWの電気モーターと82kWhのバッテリーパックを搭載すると予想され、最高速度は161km/h、0-50km/h加速は2.9秒のパフォーマンスを持つと予想されている。またWLTPサイクルで最大310マイル(500km)の航続距離を誇り、最大100kWのDC急速充電にも対応、40分で80%の容量を充電可能だという。

ID.3と違い「DCC Sportダイナミックシャーシ」を搭載し、より鋭いハンドリングと俊敏性を特徴とする。

運転支援システムでは、レベル2の自動運転システムを搭載し、ID.3と同じドイツのツヴィッカウ工場で生産されると見られている。ワールドプレミアは2020年内、基本価格はID.3より高くなる可能性もありそうだ。

VW ID.3 の強化モデルがスペインから登場?「クプラ エルボーンEV」開発車両をスクープ

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集