BMW 3シリーズ、11月から新直6ディーゼル+48Vマイルドハイブリッド搭載へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW 3シリーズ、11月から新直6ディーゼル+48Vマイルドハイブリッド搭載へ!

自動車 ニューモデル
BMW 3シリーズ ・セダン
BMW 3シリーズ ・セダン 全 16 枚 拡大写真
BMWは9月23日、『3シリーズ』(BMW 3 Series)の欧州仕様車に2020年11月から、48Vマイルドハイブリッドテクノロジーを採用した、新しい直列6気筒ディーゼルエンジンを搭載すると発表した。

BMWは、48Vのマイルドハイブリッド技術を拡大展開することによって、燃費を向上させ、CO2排出量を削減する取り組みを続けている。48Vのマイルドハイブリッド技術はガソリンエンジンだけでなく、新世代の直列6気筒ディーゼルエンジンにも導入される。2020年11月からは、3シリーズの4モデルに48Vマイルドハイブリッドテクノロジーを採用した新しい直列6気筒ディーゼルエンジンが搭載される予定だ。

燃費の向上とCO2排出量の削減は、さらに高度なBMW の「ツインパワーターボ」テクノロジーと、強力なスタータージェネレーター、バッテリーの追加によって達成される。

◆オーバーブースト時にスタータージェネレーターが11hpの電気ブースト効果を発揮

BMWの48Vのマイルドハイブリッドテクノロジーは、パワフルな電圧48Vのスタータージェネレーターと第2のバッテリーを搭載することで、ブレーキエネルギーの回生量や電力量を大幅に増加させているのが特長だ。この電気エネルギーは、電装品に電力を供給するだけでなく、エンジンの負荷を軽減させたり、パワーを高めたりするためにも使用される。BMWの新世代の直列6気筒クリーンディーゼルエンジン

48Vスタータージェネレーターは、エンジンをアシストする電気駆動ユニットのように作動し、エンジンを可能な限り、効率的な範囲内で作動できるようにする。 一方、電動オーバーブースト機能は、フルスロットルで加速するときに、ダイナミックなパフォーマンスを可能にするという。

この電動オーバーブースト機能は、スタータージェネレーターが瞬時に11hpの電気ブースト効果を生み出し、追い抜きや追い越しがさらにダイナミックに行えるようになるものだ。また、このパワフルなスタータージェネレーターは、定速走行時にエンジンを補助することで効率を高め、オートスタートストップ時やコースティング機能を使って、走行中の快適性を向上させている。

48Vスタータージェネレーターは、エンジンの自動停止と再始動が行える。非常に少ない振動でエンジンを停止し、よりスムーズに再始動できるというメリットがある。これにより、ドライブトレインからエンジンを切り離すことなく、高速道路を走行する場合など、低負荷時にコースト(惰性走行)モードでエンジンを完全に停止することができる。BMW 3シリーズ・ツーリング

◆最大出力は従来比で21hp向上して286hpに

この48Vのマイルドハイブリッドテクノロジーは、2020年11月から3シリーズの4グレードに拡大展開される。新世代の直列6気筒ディーゼルエンジンには、排気量が3.0リットル。最大出力が従来比で21hp向上し、286hpとなった直6ターボディーゼルを積む。この新ディーゼルエンジンは、最適化されたターボチャージャーシステムに加えて、ピエゾインジェクターを備えた最新のコモンレール直噴システムにより、パフォーマンスと燃費の両方を追求した。インジェクターは1サイクルあたり最大10回の燃料噴射を、最大圧2700バールで行う。

新エンジンには、BMWの直列6気筒ディーゼルエンジンとして初めて、マルチステージターボチャージャーと、低圧用の可変タービンジオメトリーが採用された。これにより、最大トルクは、63.2kgmから66.3kgmへ、3.1kgm向上した。最大トルクは1500~2500rpmの低回転域で引き出される。パワーとトルクの強化により、たとえば、「330dセダン」の場合、0~100 km/h加速は0.2秒短縮され、5.3秒を実現している。

◆欧州複合モード燃費は22.7km/リットル

また、330dセダンは欧州複合モード燃費22.7km/リットル、CO2排出量116g/km、「330d xDriveセダン」は欧州複合モード燃費21.3km/リットル、CO2排出量123g/km 、「330dツーリング」は欧州複合モード燃費22.2km/リットル、CO2排出量119g/km、「330d xDriveツーリング」は、欧州複合モード燃費20.8km/リットル、CO2排出量127g/kmの環境性能を備えている。

新しいエンジンは、ディーゼル酸化触媒コンバーター、「DPF(ディーゼル・パティキュレート・フィルター)」、SCRコーティングなどの排気ガス処理技術を採用する。窒素酸化物(NOX)排出量を削減するために、エンジンのSCRシステムの出口に、2つ目のSCR触媒コンバーターが組み込まれた。その結果、新しい直列6気筒ディーゼルエンジンを搭載したモデルは、欧州のEuro 6d排出ガス基準を満たす、としている。

BMW 3シリーズ、新直6ディーゼル+48Vマイルドハイブリッド搭載へ…11月から欧州で

《森脇稔@レスポンス》

この記事の写真

/

特集