メルセデスAMG S63次期型、805馬力の電化モデルのみ発売か...その長~い新車名とは!? | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスAMG S63次期型、805馬力の電化モデルのみ発売か...その長~い新車名とは!?

自動車 新車スクープ
メルセデス Sクラス 次期型プロトタイプ スクープ写真
メルセデス Sクラス 次期型プロトタイプ スクープ写真 全 7 枚 拡大写真
先日、メルセデスベンツ『Sクラス』次期型の最新プロトタイプを捉えたが、その頂点に君臨する『AMG S63』新型の詳細を入手した。

メルセデスベンツは、最高出力805psを誇るプラグインハイブリッドパワートレイン搭載『GTコンセプト』を2017年に発表、その後『GT 4ドアクーペ』へと進化を遂げている。そしてこのラインアップの頂点には、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力639psを誇る電動化されていない『GT 63S』が設定されている。

AMG S63次期型のパワートレインは、最高出力603psを発揮する4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジン+最高出力201psを発揮する電気モーターを搭載、システム合計で805psを発揮、『AMG S63 EQ Performance 4Matic+』となんとも長い車名が有力候補との1つとなっている。

また往来の内燃機関エンジンを備えるS63は提供されず、電化されたモデルのみで登場することが予想されている。V型12気筒ツインターボエンジン搭載の「S65」は消滅し、マイバッハSクラスのみがV12を搭載することになる。

ベースとなるSクラス次期型は9月2日に初公開予定だが、S63 EQ Performanceは2021年秋以降と予想される。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集