地球上でもっとも狂ったランボルギーニ...ウラカンベースの「LP1200」初公開! | Spyder7(スパイダーセブン)

地球上でもっとも狂ったランボルギーニ...ウラカンベースの「LP1200」初公開!

自動車 ニューモデル
Zyrus LP1200
Zyrus LP1200 全 7 枚 拡大写真
ノルウェーを拠点とするチューニングメーカー「Zyrus」(ザイラス)は、ランボルギーニ『ウラカン』を過激にカスタムしたモデル『LP1200』を初公開した。

チューニングメーカーとして、あまりメジャーではないZyrusだが、その実力はすごい。実際のベースはウラカンだが、ノルウェーのエクストリームGTチャンピオンシップ、「ウラカン スーパートロフェオ」からインスパイアされており、レースの専門技術が投入されているという。

そのエクステリアは、ウラカンのボディをオーバーホールし、カスタムカーボンファイバーパーツを多用。フロントマスク、サイドパネル、フレアホイールアーチ、及固定式リアウィング、デュフューザーなどが過激に新設計されている。

心臓部には、5.2リットルV型10気筒ターボチャージャーエンジンを搭載、Motec ECU、インコネルマニホールド、チタンエキゾーストシステムをインストールするほか、トランスミッションをXtracレーシングギアに置き換えるなどの手を加えることにより、最高出力1200hpまで向上させている。

また車重は1200kg、ダウンフォースも1200kgに保つなど、数字に1200が並ぶのも特徴だ。

キャビン内は、センターコンソールなどにカーボンファイバーパーツを採用、上部には、コンパクトなインフォテインメントディスプレイが装備されている。またダッシュボードの「Lamborghini」のロゴやエシートンプレム、シートサイドに蛍光グリーンをあしらい、スポーティーさが演出されている。

時期は不明だが、世界限定24台が発売されるという。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集