やっぱりFRだ!BMW最小スポーツカー「2シリーズ クーペ」次期型、最終デザイン見えた | Spyder7(スパイダーセブン)

やっぱりFRだ!BMW最小スポーツカー「2シリーズ クーペ」次期型、最終デザイン見えた

自動車 新車スクープ
BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真) 全 10 枚 拡大写真
BMWは、現在『2シリーズ アクティブツアラー』次期型を開発しているが、今回は2ドアスポーツの『2シリーズ クーペ』次期型プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

2シリーズ クーペは、『1シリーズ クーペ』後継モデルとして、2013年に初代が発表。その後2014年にカブリオレ、ミニバンの『アクティブツアラー』、2015年に『グランツアラー』など派生モデルが投入されており、クーペは初のフルモデルチェンジを迎える。

捉えたプロトタイプは、厳重なカモフラージュが施されているが、後部へ向かって広がるヘッドライトのアウトランが見てとれる。またグリルはカモフラージュされているが、下部の開口部が広いため、論争となっている『4シリーズ』の「バックトゥース」デザインは避けられたようだ。


サイドビューでは、今後発表予定のEV『i4』で採用予定の「フラッシュマウント・ドアハンドル」やアグレッシブなサイドスカートを備えていることがわかる。またリアエンドでは、デュアルエキゾーストパイプ、コンパクトなリアスポイラー、テールライトのグラフィックの一部も確認できる。

また先行して登場した5ドア版『2シリーズ グランクーペ』や『1シリーズ』新型が前輪駆動なのに対し、クーペでは初代から後輪駆動を継承する。「CLAR」アーキテクチャを採用し、より流線形のルーフラインに進化するようだ。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジンをはじめ、最高出力258psを発揮する2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン、最高出力345psを発揮する3.0リットル直列6気筒「M240i」、頂点には同エンジンをブーストアップし、最高出力426psとも噂される『M2』も期待できるだろう。

2シリーズ クーペは2021年に発売すると予想されているが、ワールドプレミアの時期は不明だ。

BMW 2シリーズ、「クーペ」は次期型もFRを継承!最終デザイン見えた

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集