トヨタMIRAIが初のフルチェン...これが市販型フロントマスクだ!「TNGA」採用でゆったり5人乗りFRへ進化 | Spyder7(スパイダーセブン)

トヨタMIRAIが初のフルチェン...これが市販型フロントマスクだ!「TNGA」採用でゆったり5人乗りFRへ進化

トヨタの燃料電池車『MIRAI(ミライ)』が初のフルモデルチェンジを行うが、その最終デザインやスペックなどの情報をスクープサイト「Spyder7」が入手した。

自動車 新車スクープ
トヨタ MIRAI 新型 予想CG
トヨタ MIRAI 新型 予想CG 全 8 枚 拡大写真
トヨタの燃料電池車『MIRAI(ミライ)』が初のフルモデルチェンジを行うが、その最終デザインやスペックなどの情報をスクープサイト「Spyder7」が入手した。

MIRAIは、トヨタ初の市販燃料電池セダンとして2014年から販売されている。2019年の東京モーターショーで新型のコンセプトモデルが発表されていたが、いよいよ市販モデルの発表が近づいている。6年ぶり、初のフルモデルチェンジとなる。

次期型では「TNGA」プラットフォームを採用、駆動方式が前輪駆動から後輪駆動へ変更し、ホイールベースを2780mmから2920mmへ延長、乗車定員が4名から5名へと変更される。

また新世代燃料電池システムを採用し、水素タンクを再設計、容量アップにより航続距離は650kmから840km程度まで伸びると予想されている。

パワーユニットは、燃料電池+最高出力155psを発揮する電気モーターを搭載、キャビン内では、12.3インチのワイド・インフォテイメントシステムを搭載、シンプルで操作性が大幅に向上する。

安全装備では「トヨタセーフティセンス」最新世代を搭載するほか、車載通信機「DCM」(データ・コミュニケーション・モジュール)を標準装備した「つながるクルマ」となる。

画像は予想CGだが、エクステリアは、コンセプトをベースにフロントを量産型用に大きく変更、グリル、両サイドに吸気口が設置され、デザインもLEDと繋がる縦型ディフューザーが設置されるはずだ。またアンダーグリルは、サイドのデュフューザーとのバランス上若干小型化、前面に押し出したデザインに。

グリルにはヘッドライトにつながるU型メッキ、アンダーグリルにも同じくU型メッキ、さらにはフロントからサイドのアンダーにもメッキを多用して高級感が演出されそうだ。

新型MIRAIのワールドプレミアは今夏と予想されていたが、コロナウィルスの影響で遅れており、今秋以降となりそうだ。

トヨタ MIRAI 新型発表は今秋か…「TNGA」採用で5人乗りFRへ進化、デザイン予想

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集