公開直前!メルセデスベンツEクラス改良新型の頂点、AMG「E63」セダンをスクープ | Spyder7(スパイダーセブン)

公開直前!メルセデスベンツEクラス改良新型の頂点、AMG「E63」セダンをスクープ

メルセデスベンツは、『Eクラス』改良新型のハイパフォーマンスモデルとなるAMG『E53』セダン&ステーションワゴンを既に発表しているが、その上位モデルとなるAMG『E63』セダンをスクープした。

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG E63 セダン ステーションワゴン 改良新型 スクープ写真
メルセデス AMG E63 セダン ステーションワゴン 改良新型 スクープ写真 全 17 枚 拡大写真
メルセデスベンツは、『Eクラス』改良新型のハイパフォーマンスモデルとなるAMG『E53』セダン&ステーションワゴンを既に発表しているが、その上位モデルとなるAMG『E63』セダンをスクープした。

両プロトタイプともフロントエンドに偽装テープを貼り、グリルの「スリーポインテッド・スター」、「V8 BITURBO 4MATIC+」のバッジを隠すのみでほぼフルヌード状態だ。

E53改良新型同様に垂直スラットを備えるパナメリカーナグリル、「CLS」風LEDデイタイムランニングライト、改良されたエアインテークを備えるほか、リアエンドでは、トランクに伸びるワイドなテールライト、現行モデルにあるディフューザーのセンターフィンが削除されている。またクワッドエキゾーストパイプは現行型では2つのチップが同じ排気フィニッシャー内に収納されているのに対し、改良新型では分割されている。

足回りではホイールデザインを刷新するほか、室内ではMBUXインフォテイメントシステムのアップデートがなされる。

現行モデルのパワートレインは、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は571ps、最大トルク750Nmを発揮。『E63 S』では最高出力612ps、最大トルク850Nmを発揮するが、改良新型では排出ガスレベルが下げられるか、出力がアップされる可能性もありそうだ。

E63改良新型のワールドプレミアは、今後数週間以内に行われると予想される。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集