メルセデスベンツGLB最速のAMG「45」、特許画像が流出!0-100km/h加速4.5秒 | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスベンツGLB最速のAMG「45」、特許画像が流出!0-100km/h加速4.5秒

メルセデスベンツのコンパクト・オフローダー、『GLB』の頂点に設定されるAMG『GLB 45』のパテント画像が米特許庁から流出、スウェーデンのエージェントから入手した。

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG GLB45 特許画像 
メルセデス AMG GLB45 特許画像  全 6 枚 拡大写真
メルセデスベンツのコンパクト・オフローダー、『GLB』の頂点に設定されるAMG『GLB 45』のパテント画像が米特許庁から流出、スウェーデンのエージェントから入手した。

GLBは『GLA』と『GLC』の間を埋めるモデルとして、2019年6月に誕生。2019年12月に発表され『GLB 35』に続くAMG上位モデルとなる。

入手したパテント画像は、『GLA 45』から継承されるパナメリカーナグリル、大型のコーナーエアインテーク、リップスポイラーなどが見てとれる。リアエンドでは、クワッドエキゾーストパイプ、ディフューザーを装備、よりアグレッシブなエクステリアとなっている。

ベースとなるGLBのパワートレインは、最高出力163psを発揮する1.4リットル直列4気筒ターボエンジン、上位モデルには最高出力224psを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボエンジンをラインアップするほか、「GLB 35」では最高出力302psを発揮。一方45では、AMGチューンされた2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載、最高出力387ps、最大トルク480Nmを発揮、8速DCTと組み合わされる。またトルクベクトリングを備えた4WDシステムを装備し、0-100km/h加速を4.5秒、最高速度250km/h(電子制御)のパフォーマンスを持つ。

さらにパワーを望む顧客には、「45 S」を用意。最高出力415ps、最大トルク500Nmを発揮し、最高速度270km/h、0-100km/h加速は1/10早くなる。

またアダプティブダンピングシステムを備えたスポーツチューニングサスペンションやフロント13インチ(330mm)、リア13.8インチ(350mm)のクロスドリルディスクを備える高性能ブレーキシステムを搭載する。

コロナウィルスのため、AMG GLB 45のワールドプレミアは流動的だが、2020年内が有力だ。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集