スバル『BRZ』&トヨタ『86』、いよいよ次期型登場へ...最終デザイン | Spyder7(スパイダーセブン)

スバル『BRZ』&トヨタ『86』、いよいよ次期型登場へ...最終デザイン

デビューから8年、スバル『BRZ』は受注終了、トヨタ『86』にも“ファイナルエディション”が登場して、いよいよ新型デビューへカウントダウンが始まった、と『ベストカー』6月26日号が報じている。そしてスクープ班が内外装の最終デザインを入手した。

自動車 新車スクープ
トヨタ86GT“BLACK LIMITED”。86トレノのモデル最終期に登場した特別仕様をモチーフにしていることから、事実上の現行ファイナルエディションか。
トヨタ86GT“BLACK LIMITED”。86トレノのモデル最終期に登場した特別仕様をモチーフにしていることから、事実上の現行ファイナルエディションか。 全 3 枚 拡大写真
『ベストカー』6月26日号
発行:講談社ビーシー / 講談社
定価:420円(本体382円+税)

デビューから8年、スバル『BRZ』は受注終了、トヨタ『86』にも“ファイナルエディション”が登場して、いよいよ新型デビューへカウントダウンが始まった、と『ベストカー』6月26日号が報じている。そしてスクープ班が内外装の最終デザインを入手した。パワープラント、サイズ、価格も解説(予想)。

「感動したクルマ」はパワーユニット、デザイン、コストパフォーマンス、運動性能、新技術などテーマごとに分け、過去~現在、すべての日本車を対象に全100車種をチョイスする。「復活車のご先祖」は、近年例が増えた、往年の車名の復活、その名前を冠した最初のモデルを紹介する企画だ。

「コロナ後のクルマ界」は『レスポンス』でもコラムを執筆する福田俊之氏が解説。そして『ベストカー』史上初の試みがリモート座談会「アフターコロナのクルマ界」。編集後記によると「微妙な空気感」も思いのほか伝わってきたという。

気になる見出し……●トヨタ新型86デザイン判明!!●ニッポンの感動したクルマ100台●国産SUV/クロスオーバー58車種 カタログ&ランキング&スクープ 欲張り情報●どうなる コロナ後のクルマ界「予測と願望」●オジサン世代が飛びついた! 最新ミニカーブーム事情●あの復活車のご先祖巡礼●よくわかるSKYACTIVのイロハ●2000年/2010年/2020年 主力車の変遷『ベストカー』6月26日号

スバル『BRZ』&トヨタ『86』、新型登場カウントダウン---最終デザイン

《高木啓@レスポンス》

この記事の写真

/

特集