1950年代~60年代へ敬意...ポルシェ911タルガ新型、「ヘリテージ エディション」初公開! | Spyder7(スパイダーセブン)

1950年代~60年代へ敬意...ポルシェ911タルガ新型、「ヘリテージ エディション」初公開!

ポルシェは、『911』(992世代)に「タルガ」ボディを設定したばかりだが、早くもスペシャルモデルとなる『911 タルガ 4Sヘリテージ エディション』を初公開した。

自動車 ニューモデル
ポルシェ 911 タルガ 4Sヘリテージ エディション
ポルシェ 911 タルガ 4Sヘリテージ エディション 全 14 枚 拡大写真
ポルシェは、『911』(992世代)に「タルガ」ボディを設定したばかりだが、早くもスペシャルモデルとなる『911 タルガ 4Sヘリテージ エディション』を初公開した。

チェリーのような美しいワインレッド(チェリーメタリック)でラッピングされたヘリテージ エディションは、1950年代から1960年代の911へ敬意を払い、デザインのディテールを特徴としている。リリースによると「タルガ ヘリテージ」は、4つのヘリテージ デザイン最初のモデルであり、世界992台限定、価格は180,600USドル(約1,950万円)で発売。2020年後半からデリバリーが開始されるという。尚、カラーはチェリーメタリック以外にも設定されるようだ。

エクステリアは、フロントフェンダー上部とボディ側面に沿って鮮やかなホワイトストライブをあしらい、クラシックなフックデザインを連想させるカレラエクスクルーシブデザインの5スポーク・アルミホイールが装着されている。

さらに50年代ポルシェを彷彿させるゴールドのエンブレム、リアデッキリッドグリルには、10万キロを走破した356所有者への特別なバッジを装着される。

キャビン内は、ボルドーレッドとアタカマベージュ、またはブラックとアタカマベージュの2トーンのレザーペアからセレクト。356に敬意を払ったシートとドアトリムの中央にもコーデュロイを追加している。さらにシートヘッドレストには、ポルシェブランドのエンブレムがエンボス加工され、オーナーを満足させてくれる。

パワートレインは、「4S」から流用される3.0リットル水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力は443hp、最大トルク529Nmを発揮、8速DCTまたは7速MTトランスミッションを選択可能だ。

そして仕上げは、ボディ色にあった配色のポルシェ特性デザインウォッチがオプションでオーダー可能だという。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集