次世代ロータリー搭載...マツダ、バーチャルレースカー『RX-Vision GT3コンセプト』のオンライン提供開始! | Spyder7(スパイダーセブン)

次世代ロータリー搭載...マツダ、バーチャルレースカー『RX-Vision GT3コンセプト』のオンライン提供開始!

マツダは、ポリフォニー・デジタルと共同で開発したバーチャルレースカー『RX-Vision GT3コンセプト』を、5月22日15時からグランツーリスモSPORT上にてオンラインで提供開始する。

自動車 スポーツ・エンタメ
RX-Vision GT3 スパ・フランコルシャン サーキット
RX-Vision GT3 スパ・フランコルシャン サーキット 全 11 枚 拡大写真
マツダは、ポリフォニー・デジタルと共同で開発したバーチャルレースカー『RX-Vision GT3コンセプト』を、5月22日15時からグランツーリスモSPORT上にてオンラインで提供開始する。

マツダRX-Vision GT3コンセプトは、東京モーターショー2015で世界初公開した次世代ロータリーを搭載するコンセプトカー『RX-VISION』をベースにした最新バーチャルレースカー。PS4用ドライビングシミュレーションゲーム「グランツーリスモSPORT」の全ユーザーがドライビングを楽しめる。

マツダは、近年注目を集める「デジタルモータースポーツ」愛好者に向け、クルマを操る愉しさを感じてもらい、より多くの人にマツダのファンになってもらいたいとの想いで、このRX-Vision GT3コンセプトを提供。世界中のクルマ好きがオンラインでつながり、国、地域、言語や世代といった枠を超えて楽しむことができる「デジタルモータースポーツ」を通じ、コロナ禍における新しい生活様式に対応しながらクルマ文化の発展に貢献していく。

グランツーリスモSPORTで、RX-Vision GT3コンセプトなどのマツダ車を使うユーザーは、2020年シーズンに世界各地で開催される予定の「FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ」世界大会(ワールドツアー)の出場シード権を自動的に獲得。また、「かごしま国体2020」で開催予定の「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」のグランツーリスモSPORT部門にもRX-Vision GT3コンセプトで参戦できる。

マツダではこのほか、創立100周年特別企画として、RX-Vision GT3コンセプトの発表と同時にグランツーリスモSPORTユーザーが気軽に楽しめるオンラインイベントを各種実施していく。

マツダ、バーチャルレースカー『RX-Vision GT3コンセプト』のオンライン提供開始…次世代ロータリー搭載

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

この記事の写真

/

特集