レクサス 、米国でもGS最終モデル「ブラックライン」を今夏200台を限定発売へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

レクサス 、米国でもGS最終モデル「ブラックライン」を今夏200台を限定発売へ!

◆グロスブラックのグリル&ホイールとオレンジのブレーキキャリパー ◆赤いアクセントがスポーティなインテリア ◆ゼロハリバートンが専用のラゲッジセットをデザイン

自動車 ニューモデル
レクサス GS ブラックライン・スペシャルエディション
レクサス GS ブラックライン・スペシャルエディション 全 8 枚 拡大写真
レクサスの米国部門は、『GS』 (Lexus GS)の 「ブラックライン・スペシャルエディション」を今夏、米国市場で発売すると発表した。

レクサスGSは、全車が日本国内で生産されており、2020年8月で生産を終了すると発表されている。GSのブラックライン・スペシャルエディションは、米国市場向けのGSの最終モデルとなり、200台限定で今夏、米国市場で発売される予定だ。

◆グロスブラックのグリル&ホイールとオレンジのブレーキキャリパー

ブラックライン・スペシャルエディションのベース車両は、レクサスGS の「350 Fスポーツ」グレードだ。足元には、グロスブラックの「Fスポーツ」アルミホイールと、オレンジ色のブレーキキャリパーが装備されている。運転する喜びをさらに高めるために、シャシーも強化された。

エクステリアでは、フロントのスピンドルグリルの内部が、グロスブラックで仕上げられる。リアには、専用のブラックスポイラーが装着された。ボディカラーは、ウルトラホワイトとキャビアを設定する。ボディカラーとは対照的に、ブラックのドアミラーカバーによって、筋肉質なGSの滑らかな魅力を際立たせているという。

パワートレインは、直噴3.5リットルV型6気筒ガソリン自然吸気エンジンだ。米国仕様の場合、最大出力311 hp /6400rpm、最大トルク38.7kgm/ 4800rpmを引き出す。駆動方式は、2WD(後輪駆動)とAWDから選択できる。トランスミッションは、2WDが8速AT、AWDが6速ATを組み合わせる。

◆赤いアクセントがスポーティなインテリア

インテリアは、乗員がドアを開けた瞬間に、赤いアクセント付きのドアパネル、ステアリングホイール、センターコンソールが視線に入り、スポーティさを印象づけることを狙った。リオハレッドのアクセントが添えられたシートは、ブラックレザー仕上げとした。

また、ブラックライン・スペシャルエディションでは、ラグジュアリーさと爽快感を生み出すことを目指した。具体的には、カーボンファイバーのトリムパネルをはじめ、ダッシュボード、シート、センターコンソールには、赤いステッチが入る。さらに、インストルメントパネル、コンソール、アームレストのアルカンターラトリムが、伝統とスポーティさのバランスを追求し、レクサスの細部へのこだわりを表現しているという。

◆ゼロハリバートンが専用のラゲッジセットをデザイン

ブラックラインシリーズでは、アルミ製のアタッシェケースで知られる米国の「ゼロハリバートン(Zero Halliburton)」がデザインしたレクサス専用の2ピースのラゲッジセットが付帯する。レクサスの「エッジライトウェイトコレクション」と命名され、ゼロハリバートンがレーザーエッチングによるクッションカットで生み出したクロームロゴバッジや、レクサスのスピンドルグリルパターンが刺繍された裏地など、いくつかの専用カスタマイズが施されている。コンプレッションパネルには、レクサスのレザーロゴバッジが付く。このレクサス・ブラックライン・ゼロハリバートン・ラゲッジセットは、22インチサイズの「コンチネンタルキャリーオン」と、26インチサイズの「ミディアムトラベルケース」で構成されている。

なお、ブラックライン・スペシャルエディションの価格は、今夏の米国発売が近づいた頃、発表される予定だ。

レクサス GS、米国でも最終モデル…今夏200台を限定発売へ

《森脇稔@レスポンス》

この記事の写真

/

特集