VW ID 4じゃないの!? アウディ開発チームで捉えたプロトタイプの正体とは !? | Spyder7(スパイダーセブン)

VW ID 4じゃないの!? アウディ開発チームで捉えたプロトタイプの正体とは !?

今回スクープサイト「Spyder7」のカメラがキャッチしたプロトタイプは、これまで目撃されたVWの電動クロスオーバーSUV『ID.4』(仮称)のプロトタイプ車両と酷似している。しかし、別ブランド車のプロトタイプであることが判明した。

自動車 新車スクープ
アウディ Q4  e-tron 開発車両(スクープ写真)
アウディ Q4 e-tron 開発車両(スクープ写真) 全 12 枚 拡大写真
今回スクープサイト「Spyder7」のカメラがキャッチしたプロトタイプは、これまで目撃されたVWの電動クロスオーバーSUV『ID.4』(仮称)のプロトタイプ車両と酷似している。しかし、別ブランド車のプロトタイプであることが判明した。

ID.4とは3つのフィンを装備するフロントのコーナーエアインテーク、ルーフスポイラー、リアウィンドウの傾斜、そしてテールライトなどが異なっている。

テストドライバーにコンタクトをとり、これがアウディの新型電動SUV『Q4 e-torn』の市販型プロトタイプであることを確認した。

Q4 e-tronはその車名のとおり、『Q3』と『Q5』の間を埋めるモデルで、2019年のコンセプトモデルが公開されている。市販型では、VW『ID.4』と「MEB」アーキテクチャを共有、モーターを2基搭載し、フロントモーターが最高出力102hp、リアモーターが204hpで、システム合計で306hpを発揮する。

バッテリーは82kWhの大容量で、WLTPサイクルでの航続は280マイル(450km)、30分でバッテリーの8割の充電が行えるほか、0-100km/h加速は6.3秒、最高速度は電子制御され180km/hというパフォーマンスを発揮する。

また25通りの方法でヘッドライトとテールライトをカスタマイズし、所有者がさらに車両をパーソナライズできることも特徴となっている。

新型コロナウイルスの影響により、市販型デビューの詳細な時期は不明だが、2020年内に初公開されることが発表されている。正式車名は『Q4 e-tron quattro』が有力とされている。

アウディがVW ID.4 の開発車両をテスト!? 新型電動SUV、その名は

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集