最大450馬力...アウディA3セダン次期型、最強の「RS」を初捕獲! | Spyder7(スパイダーセブン)

最大450馬力...アウディA3セダン次期型、最強の「RS」を初捕獲!

アウディ『A3セダン』新型に設定される最強モデル『RS3セダン』の市販型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

自動車 新車スクープ
アウディ RS3 セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
アウディ RS3 セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真) 全 16 枚 拡大写真
アウディ『A3セダン』新型に設定される最強モデル『RS3セダン』の市販型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

ベースとなるA3ハッチバックは、1996年「小さな高級車」としてデビュー、翌1997年には日本市場にも投入されている。一方セダンは2013年に登場した第3世代に初めて設定、2016年に最強モデル「RS3セダン」が誕生した。

スウェーデン北部の山中で捉えたプロトタイプは、ヘッドライトをはじめ、ほぼすべてが生産型パーツを装着していると見られる。


これまでキャッチした『RS3スポーツバック』次期型プロトタイプ同様、膨らんだフェンダー、ハニカムメッシュのグリル、フロントアクスルにクロスドリルローターとレッドブレーキキャリパー、楕円形ツインエキゾーストパイプを装備しているほか、大型のコーナーエアインテーク、コンパクトなトランクリッドスポイラーも確認できる。

キャビン内では、インストルメントクラスタを囲むランボルギーニ風のレジスターを装備、ダッシュボードには新しいインフォテイメントスクリーンが追加されるだろう。さらにセンターコンソールにはコンパクトなギアセレクター、プッシュ式スターターを含むいくつかのコントローラーを搭載、スマートフォン用のワイヤレス充電パット、さらに奥にはパーキングブレーキボタンなどが設置される。

フードの下には2.5リットル直列5気筒TFSIターボチャージャーエンジンを搭載。最高出力はライバルとなるメルセデスAMG『A45 S』と同レベルの420ps、最大トルク500Nmを発揮する。また遅れて登場する「パフォーマンスバージョン」では、450psまで高められると予想されている。

どちらもデュアルクラッチオートマチックトランスミッション、及び4WDシステムのクワトロ、ドリフトモードなどを標準装備するとみられる。0-100km/h加速は、SUV『RS Q3』が4秒半であるため、ルーフが低いRS3セダンでは4秒以下も期待できるだろう。

アウディ A3セダン 次期型、最強の「RS」を初スクープ!

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集