アルファロメオ、高性能コンパクト電気SUVを開発!? 市販型を大予想 | Spyder7(スパイダーセブン)

アルファロメオ、高性能コンパクト電気SUVを開発!? 市販型を大予想

CGアーティストのAksyonov Nikita氏が、アルファロメオの超コンパクト電気SUVを提案した。

自動車 新車スクープ
アルファロメオ コンパクト EV 予想CG
アルファロメオ コンパクト EV 予想CG 全 3 枚 拡大写真
CGアーティストのAksyonov Nikita氏が、アルファロメオの超コンパクト電気SUVを提案した。

制作したCGは、高性能『ジュリア クアドリフォリオ』をフロントマスクに、BMW『i3』のボディをマッシュアップしている。ホワイトボディにレーシーな赤のアクセント、レッドブレーキキャリパーを装備。リアエンドでは、ジュリア クアドリフォリオ風のクワッドエキゾーストパイプ、ディフューザーが見てとれるが、テールライトは、コンパクトな円形タイプが採用されている。

ジュリアは、1950年代に人気を集めた『ジュリエッタ』後継モデルとして1962年に登場した。その後1977年に生産終了していたが、2016年に約40年ぶりに復活を果たした4ドアセダンだ。グレードは、「GIULIA」、『GIULIA SUER』、『GIULIA VELOCE』、そして最高出力510PSを誇るフラッグシップモデル『GIULIA QUADRIFOGLIO』の4つが設定されている。

マッシュアップといえば、2011年にトヨタ『iQ』にアストンマーティンのフロントマスクを装備した『シグネット』を思い出す人も多いだろう。果たしてこちらは実現するか興味が持たれるが、とりあえずコンセプトモデルでの公開を期待しよう。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集