ニュル最速ラップのDNAを受け継いだ、ルノー メガーヌR.S.トロフィー[特集写真] | Spyder7(スパイダーセブン)

ニュル最速ラップのDNAを受け継いだ、ルノー メガーヌR.S.トロフィー[特集写真]

ルノー『メガーヌ ルノー・スポールトロフィー(メガーヌR.S.トロフィー)』は、世界中の自動車メーカーが開発のためにテストを行い、ラップタイムを競うニュルブルクリンクサーキットで、量産FF車最速の記録を塗りかえてきたDNAを受け継ぐモデルだ。

自動車 ニューモデル
ルノー メガーヌ ルノー・スポール トロフィー
ルノー メガーヌ ルノー・スポール トロフィー 全 40 枚 拡大写真
ルノー『メガーヌ ルノー・スポールトロフィー(メガーヌR.S.トロフィー)』は、世界中の自動車メーカーが開発のためにテストを行い、ラップタイムを競うニュルブルクリンクサーキットで、量産FF車最速の記録を塗りかえてきたDNAを受け継ぐモデルだ。

メガーヌR.S.トロフィーは、モータースポーツで培ったノウハウと先進の技術により、高いレベルのパフォーマンスを実現したメガーヌR.S.の1.8リットル直噴ターボエンジンをベースに、最高出力300psとベースモデルの279psに対して、21ps向上。同様に最大トルクは、メガーヌR.S.の390Nmに対し、420Nm(EDC)/400Nm(MT)とそれぞれ30Nm、10Nm増強させ、メガーヌR.S.史上最もパワフルなエンジンとなった。


同時にアクセルレスポンス向上のために、ターボチャージャーにはF1でも使用されているセラミックボールベアリングシステムを採用。200,000rpm/分近くで回転するタービンが、スチールよりも軽く、硬く、滑らかなセラミックのボールベアリングシステムに取り付けられることで、摩擦が従来のスチールのボールベアリングシステム比3分の1に低減し、ターボの応答性を向上させている。

メガーヌR.S.トロフィーには、4コントロール、HCCといったメガーヌR.S.に採用されている装備に加え、限定車のメガーヌR.S.カップに採用されていたシャシーカップ、トルセンLSD、前輪アルミ製ハブ/鋳鉄製ベンチレーテッドディスクが搭載されている。


4コントロールは電子制御のアクチュエーターでタイロッド(リアタイヤの向きを決める連結棒)を動かし、リアタイヤを最大キレ角2.7度まで操舵。低速走行時は逆相違に向き、回転半径を縮小。高速走行時は、同相違に動きコーナリング中の安定性を高める。この切り替えは約60km/hで行われ、マルチセンスの設定でレースモードを選択すると、切り替わる速度が約100km/hになる。

4輪HCCはラリーで培われた技術で、ダンパー底部に組み込んだセカンダリーダンパーによって最適な減衰力が得られる機構だ。さまざまな路面状況において常に最適なグリップと快適な乗り心地を両立する。具体的には、ダンパーロッドが縮み、ストローク終端部に近づくと、セカンダリーダンパーのピストンが減衰力を発生し、メインのダンパーロッドストロークを制限。


従来型のバンプストップラバーのような反力や振動がホイールに伝わらないので、路面からの大きな入力時にもタイヤがグリップを失わずグリップ限界が高まり、またサスペンションのよりリニアな制御を容易にし、乗り心地も向上するとされる。

そしてシャシーカップでは、HCCのバンプストッパーの長さが10mm長くなり(フロントのみ)、スプリングレートを上げた場合と同じ効果を発揮するとともに、HCCに内蔵されているセカンダリーダンパーの働きにより、減衰力を高めるとともにバウンス効果を低減させている。

今回採用されたシャシーカップは、メガーヌR.S.に対し、スプリングレートをフロント23%、リア35%、ダンパーレートを25%高め、加えてフロントアンチロールバーの剛性も7%高められており、ロールを抑え、正確なハンドリングをもたらしている。

ニュル最速ラップのDNAを受け継いだ、ルノー メガーヌR.S.トロフィー[詳細画像]

《内田俊一@レスポンス》

この記事の写真

/

特集