BMW 7シリーズ次世代型、電気版「i7」は670馬力で580kmの航続に! | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW 7シリーズ次世代型、電気版「i7」は670馬力で580kmの航続に!

BMWのフラッグシップ・4ドアサルーン、『7シリーズ』次世代型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。現行型7シリーズは、2022年6月まで生産されると予想されており、同年内には次世代型へバトンタッチされるだろう。

自動車 新車スクープ
BMW 7シリーズ 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
BMW 7シリーズ 次世代型プロトタイプ(スクープ写真) 全 14 枚 拡大写真
BMWのフラッグシップ・4ドアサルーン、『7シリーズ』次世代型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。現行型7シリーズは、2022年6月まで生産されると予想されており、同年内には次世代型へバトンタッチされるだろう。

キャッチしたプロトタイプには、前回のスクープ時に見られた電動テスト車両を示すステッカーが貼られておらず、リアバンパー下部にエキゾーストシステムを装備している点からも、これがEVモデルではないことがわかる。またPHEVモデルかの判断も現時点ではできない。

ヘッドライトとテールライトにはわずかなカモフラージュが施されているが、生産型パーツではないだろう。しかし開発初期段階であるが、次世代型には現行モデルのレーザーヘッドライトに代わる次世代ヘッドライトテクノロジーが搭載されるのは明らかだ。

パワートレインにも大きな変化がみられる。BMWは、7シリーズファミリーのV型12気筒エンジンを廃止し、エンジンをコンパクト化する可能性が高い。そのラインアップは、3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジン、及びディーゼルクワッドターボエンジン、4.0リットルV型8気筒ガソリンターボエンジンとなりそうだ。

ハイライトは、3.0リットル直列6気筒ツインターボ+モーターのプラグインハイブリッドや、初のフルEV『i7』と『i7 S』など電動化の加速だ。i7では『i4』と共有する80kWhのバッテリーを搭載、高性能モデルi7 Sには120kWhのバッテリーを搭載し、最高出力は670hp以上、フル充電による航続距離はWLTPに基づく360マイル(580km)と予想される。

BMW 7シリーズ のEVバージョン『i7』は670馬力で580kmの航続を実現か

《Spyder7編集部@レスポンス》

この記事の写真

/

特集