航続1,190kmのEVスーパーカー「ナタリー」量産モデル公開...開発は元アウディのディレクター! | Spyder7(スパイダーセブン)

航続1,190kmのEVスーパーカー「ナタリー」量産モデル公開...開発は元アウディのディレクター!

元アウディスポーツのトップディレクター、ローランド・グンペルト氏が開発したスーパーカー、『ナタリー』量産モデルが公開された。

自動車 ニューモデル
グンペルト ナタリー 量産モデル
グンペルト ナタリー 量産モデル 全 5 枚 拡大写真
元アウディスポーツのトップディレクター、ローランド・グンペルト氏が開発したスーパーカー、『ナタリー』量産モデルが公開された。

2019年3月のジュネーブモーターショーでプロトタイプが初公開された「ナタリー」は、グンペルト氏と中国のアイウェイズ社により設立された「グンペルト・アイウェイズ」によって開発、電気自動車と燃料電池の利便性を組み合わせた革新的なEVスーパーカーだ。

ナタリー量産モデルでは、斬新な2way式エネルギーシステムを採用、各車両に1基ずつ、車両の床にあるバッテリーから合計4基のモーターに電力が供給される。ボンネットフードの下のメタノール燃料電池を介したハイブリッドシステムが採用されている。

また充電はアイドリング時、加速やブレーキングの際にもセルフ充電がなされるという。これにより、再充電の必要性はほぼなくなり、時速75マイル(121km/h)走行で510マイル(821km)、エコモードでは驚異の745マイル(1,199km)の航続距離を誇る。

しかし、実用性の高いモデルだけと思ってはいけない。最高出力536ps、最大トルク989Nmを発揮、0-100km/h加速2.5秒、最高速度306km/hというハイパフォーマンスを持ち合わせている。

ナタリーの生産は限定500台で、予想価格は300,000(約3,540万円)~610,000ユーロ(約5,950万円)とされている。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集