フィアット?ジープ?謎のクロスオーバーSUVの正体はあのコンセプトモデルか | Spyder7(スパイダーセブン)

フィアット?ジープ?謎のクロスオーバーSUVの正体はあのコンセプトモデルか

豪雪のフィンランド北部で謎の大型クロスオーバーSUVプロトタイプを発見した。

自動車 新車スクープ
フィアット 新型クロスオーバーSUV 開発車両
フィアット 新型クロスオーバーSUV 開発車両 全 12 枚 拡大写真
豪雪のフィンランド北部で謎の大型クロスオーバーSUVプロトタイプを発見した。

捉えたプロトタイプは、昨年から何度かスクープしているフィアットの南米専売モデル『モビ ピックアップ』開発車両に酷似している。しかし、よく見るとボンネットフードの形状、ヘッドライトの位置、サイドウィンドウのアウトライン、Dピラーのカモフラージュ部分、テールライトの位置、そしてなによりこのプロトタイプではホイールラグナットが4個ではなく5個になっている。これらのことからも別のモデルであることは明白と言えそうだ。

現段階でこのモデルを断定することは出来ないが、カメラマンからの情報によると2つ考えられるという。1つは、フィアットが2018年のサンパウロモーターショーで初公開した『フィアット ファストバック』コンセプトの市販型プロトタイプだ。Dピラー後部、ハッチバックの装着されている三角形のボックスを取り除くとファストバック コンセプトで見られた傾斜したリアウィンドウが隠れている可能性がある。

2つ目は、2017年の上海モーターショーで初公開されたジープ『Yuntu』コンセプト市販型プロトタイプだ。中国市場や東南アジア向けのモデルで、市販型では『グランドコマンダー』とされる。

ワールドプレミアの時期は不明だが、最新情報が入り次第、お伝えしていこう。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

特集